スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青祓】加藤和恵短編集TIME KILLERS感想 

加藤和恵短編集を買いました。感想をば。

TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (加藤和恵短編集)TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (加藤和恵短編集)
(2011/10/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

全体的な感想を述べると、「初期の絵柄が男性漫画家みたいだ!!」「アクリルガッシュ絵綺麗すぎYABEEEE」「ホシオタの頃から雰囲気が変わったなぁ」「思ってた程エグくはないかも」「でも傷害シーンとかエグっ」でした。
あと青の祓魔師に出てくるおっさんおばさんは基本的に「いい大人」ばかり(藤堂先生は例外だけどいい人そうな悪役なので。人型では今の所ビジュアルで嫌悪感を催すようなキャラデザの悪役はあまりいない)なので、ロボうさとか読み切りとか、いかにも悪役で、ザコっぽい雰囲気を持つ大人キャラも出てくるのは結構目につくなと。やっぱり青の祓魔師で結構作風を変えてるかも、と思いました。

とにかく、カラーに関する画力の高さに感嘆してしまいます。ページ数の割に厚さは普通の単行本並かも、と思ったら良い紙を使ってるので結構重い。そしてカラー全再現。これは少年漫画単行本サイズよりひとまわり大きい青年漫画単行本サイズで読みたいわ。
それと買う前で読んだことがあるのは深山鶯邸事件」だけだと思っていて全く気付かなかったのですが、季刊S作品のいくつかに「あ、これ見覚えがあるよーな」というのがいくつか。姉とメールしたら、古本屋で田辺イエロウと林田球インタ掲載号を見つけて買ったらそれに加藤和恵作品が載ってた、当時は気づかなかったという返事が返ってきました。私もインタ目当てで、当時書店に置かれた時のその号の季刊Sを読んでたけど気づかなかったです。
季刊S、読んでる漫画家のインタビューが載ってる時とかちらほら読んでるので見かけたことはあるかも。全く覚えてないけど、加藤和恵インタ掲載号も一応読んだので季刊Sと縁が深い作家ということで投稿作品を再掲していたとか?
うろおぼえなのではっきりしないけれど。

集英社だけでなく季刊S作品も掲載していることもあって全然ジャンプっぽくない短編集でした。
加藤先生自身、ホシオタ以前までは好き勝手に描いていたのが、ホシオタ以降読み手にウケる話を練ることに重点を置くようになったとの主旨のことをおっしゃっているので、そうした試行錯誤の過程を楽しむ短編集な気がします。ショートも多いし1話1話の話の面白さを味わう短編集とはまた違うかも。
深山鶯以前はテーマや状況設定の関係性がつながりきってない印象を受けます。
絵重視の雰囲気漫画っぽい作風も大好物なんですが。

それを考えると、青の祓魔師1話とかを読んで「ベタでちょっとぎこちないところがあるなぁ」と思った理由がちょっとわかる気がします。話や読者を意識しすぎた部分があったかなと。最近はそういう違和感みたいなものをあまり感じなくなってきたので、こなれてきたのかなと思いました。


以下、作品ごとの感想を。殆どネタバレなので未読の方注意。
冒頭に画像もあります。

続きを読む

【青祓】単行本7巻発売 

今日9/2は青の祓魔師の単行本7巻の発売日です。
ちなみに明日発売のジャンプSQ10月号はこの続きとなります。
「単行本の続きが雑誌で読める!」商法、最近よく見かけるような。

青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)
(2011/09/02)
加藤 和恵

商品詳細を見る

この表紙が一番好きです。
エンブレムもやっぱり猫。

7巻カバー下はやっぱり身長ネタ。
湯ノ川先生いい味を出してるw 雪男もそうだけど、普段温厚で通しているキャラクターの素が出るようなのが好きです。
青祓のシバキはテンポが良くていい。

登場人物紹介は毎巻描き下ろしてるのですが、今回7巻は6巻のものの使いまわし。
忙しそうでちょい心配になってくる次元。

ワイリスはクロ率高し。26話の時点ではクロがおっさまを見つけて知らせてくれる、と思ってたっけなぁ…

おまけ付録。
悪魔図鑑はなし。残念!
イラストコーナーが開催されることが決定。
質問コーナー・・・本当にグダグダだ・・・
ONE PIECEのSBSなんかは面白いんだけどな。

本編については、いつもそうだけど全体的に雑誌掲載時は白っぽかったのがトーン追加。
特に伽樓羅周辺。
用語や漢字ミスについては修正されてたりされていなかったり。
全剛深山や医士騎士、菌魁とかは修正されてたけどグレゴリ、「柔兄怖いんか!?」とかはそのまま。

++++++++++++++++++++++++++++++++

内容については雑誌感想であらかた吐きだしてしまったので、こちらを参照ください。

青の祓魔師・SQ2011年5・6月合併号24話「空虚の剣」感想
青の祓魔師・SQ2011年7月号25話「不浄王」感想
青の祓魔師・SQ2011年8月号26話「こころのひ」感想・前編
青の祓魔師・SQ2011年8月号26話「こころのひ」感想・後編
青の祓魔師・SQ2011年9月号27話「決戦!金剛深山」感想

++++++++++++++++++++++++++++++++

【青祓】小説版「ウィークエンド・ヒーロー」感想その2~設定~  

その1の続き。


以下、原作とも関係するのではないかと思った設定。
あくまでも小説は二次創作で原作と同じ設定とは限らないだろうけど、少なくとも原作者の監修はついてるので。

・燐の覚醒前から雪男は燐がサタンの落胤であることを知っている
原作では、皆を守れるようにと藤本のすすめで雪男は祓魔師になることを決意するのですが、果たしてその目的にサタンの落胤である燐のことが含まれているのかは謎でした。
もしかしたら覚醒後に知った可能性もあったかもしれない。(それだとメンタルが危険)
しかし小説では半年ちょっと前の時点では知ってる設定の模様。正式に祓魔師になった時に知らされたのだろうか。
そういう意味では藤本の抱える秘密を共有する共犯者のような存在の雪男。
いずれにせよ既に色々覚悟を持っていたのは間違いない。って高校生には重いぞ。

・聖銀の銃弾を寄生体に直接撃ちこめば寄生体から自力で離れることもままならない
・これは寄生体から離れた悪魔本体にも有効である

これちょっとひっかかる。
原作本編でも、悪魔を祓うということが果たして悪魔本体の完全な消滅なのか、それとも虚無界に戻るだけなのかわからないもんなぁ。
小説版だと『虚無界にはお前一人で行け』と言っているので虚無界に強制送還っぽい。
しかし、それだと祓っても悪魔が自分の意志で去ってもどっちも虚無界に戻るだけってことになるような。
あと、悪魔は何らかの物質に憑依することで物質界に干渉できる、という原作設定だと悪魔本体だけで物質界に存在するのはない話になるのだけど小説版はどうなんかね。
山魅みたいに何か憑依した上で人間に寄生してる、ってことだったんかね。うーん。
それと雪男は悪魔に憑依されていたとはいえ、人間に発砲して負傷させているわけですが、そこは引っかからないんだね。
個人的に竜騎士は人間以外の物質に憑依した悪魔に対しては強いけれど、人間に憑依した場合は手が出せにくくなるのかと思ったけれど、祓魔のためなら被憑依者の負傷もお咎めなしなのか。うーん。

・人間に対する結界を悪魔は張れる
原作だとメフィストが中級以上の悪魔が侵入できないように結界を張っている。アニメだとその結界は護符の形をしている。
でも逆に人間を入れなくしたり出られなくしたりと、行動を制限する結界も張れるのか。
メフィストの結界は祓魔術の結界を悪魔であるメフィスト流にアレンジしたものだと思ってたけど、結界は悪魔の能力の一環なんだろか。

・クロはあたたかくて重さもあって尻尾が2つある以外は普通の猫とほぼ同じ
魔障を受けていない人間にも見えるんだろか。見えるとしたら尻尾が1本の普通の猫とか?

・宝はしえみの薬草シチューを食べても平気だった
ますます宝のパペットが本体説が濃厚に・・・

・メフィストの評価では藤本>>>>>アーサー
悪魔に対しては徹底的に不寛容なアーサー。
冷徹な面を持ちつつ、人間としての魅力にあふれたとえ悪魔であっても慈悲の心を見せることもある藤本。
メフィストは後者の方を評価しているようです。

・メフィストの目の隈は強い魔力を持つメフィストの長年の憑依で疲弊しているから
やはり封神演義の妲己みたくガタがくるようで。
表向きは5代目ファウストと見せかけて、実際は500年近くファウスト個人の肉体を使っていると思っているのですが実際どうなんでしょうね・・・
ヨハン・ファウスト5世という名前は、500年で5人の人間に体を乗り換えている、という可能性もありますが。

つか睡眠時間1時間とかそういう生活じゃ普通にガタがきますから。


以上、小説版の感想でした。

【青祓】小説版「ウィークエンド・ヒーロー」感想その1~本編~ 

青の祓魔師 ウィークエンド・ヒーロー (JUMP j BOOKS)青の祓魔師 ウィークエンド・ヒーロー (JUMP j BOOKS)
(2011/09/02)
加藤 和恵;矢島 綾

商品詳細を見る

青の祓魔師の小説版「ウィークエンド・ヒーロー」を買いました。
実を言うと購入するかどうか迷ってました。
取りあえず加藤先生の挿絵と後がきを見て本編をちょろっと読んで決めようかと思っていたのですが、梱包されていたので。
感想を言うと、思ったよりかなり面白かったです。
やはり書いた人が連載1回目からの大ファンというのもあるかもしれない。
特に出雲関係が最高。
花村さんを見て鼓動が高まるのを抑えようとした勝呂に「いくらゴリラ顔だからって、図書館でドラミングはやめなさいよっ」と言ったのにはは笑いすぎて死んだw
しばらくはこのネタで笑い転げられます。今も思い出す度に笑ってしまう。
それと勉強合宿とかスラムダンクみたいだなぁ、と思っていたら出雲に指導してもらいたがる志摩に勝呂が「マンツーマンや」とかまんますぎる発言が出て噴いた。

イラストは鉛筆画。やっぱ忙しいんだろーなー、と思ったら表紙に加えて5話の扉絵に5話の中絵の10枚とか多っ!!
その上アニメ関係や同日発売の7巻、あと短編集作業とかそら忙しいわな。


++++++++++++++++++++++++++++++++

以下、話ごとの感想。
◆ウィークエンド・ヒーロー
話:祓魔師であることを燐に隠して悪魔退治する中坊雪男の話。
扉絵:燐と雪男を肩車しているちょい若獅郎@ブルーソルジャーのヒーローショー
中絵:携帯で会話する中坊雪男

とあるチャリティーコンサートに出現した悪魔に、正体を隠すため雪男はブルー・ソルジャーのスーツを着て戦う・・・

正体を隠して青い衣装に剣を持って戦うブルー・ソルジャー。まさか半年後燐がそのような存在になるとは思わなかっただろうなぁ。
そして正体を隠して戦う孤独な裏の顔に共感してしまう雪男、コスプレ。
そういったところがニクくて面白い。
それと雪男が武器として銃を選んだ理由として、シュラは悪魔と距離を置きたいというビビっている心の表れと考えた、という冒頭の文がすごくいい。

◆キミとタンゴを踊りたい
話:どうにかしてクロと仲良くなりたくてマタタビ酒を作ったりする出雲とそれを温かく見守る朴、塾の仲間の話。
扉絵:悩む出雲
中絵:クロを抱っこさせてもらってる朴を見て凄い形相になってる出雲とビビる2人

キミというのはクロのことだったのねw
凄い形相の出雲、意地悪する朴ちゃんとか最高すぎてニヤニヤ。
しえみとも昔のようなツンケンとした感じがなくなって、マタタビを出してもらってお礼を言う出雲にニヤニヤ。
つかマタタビ酒、しえみと一緒で料理ダメ系女子かー・・・

◆煩悩坊主
話:突然下駄箱によこされたラブレターに動揺しまくりつつも浮き足立ってしまう勝呂とそれを冷やかす志摩たち。
扉絵:下駄箱視点での勝呂
中絵:志摩と子猫丸に目撃されて動揺している勝呂


待ち合わせの場所として、フェレス卿の銅像を指定しているのですが、表向きはヨハン・ファウスト5世で通してるんじゃなかったっけ。
フェレス卿なんて呼ぶから、同級生からのラブレターと見せかけて実際は祓魔師関係者からの呼び出しかと邪推してもーたよ。
オチはウホッな結果に。
表紙絵を見たとき、しえみは手紙関係のエピソードかなと思ってたらこの話でした。
実は勝呂に喧嘩を打った男が弟子入り志願のために妹に手紙を書いてもらった、というトホホな結果。

◆奥村燐救済会
話:期末試験に備え塾生が燐のために勉強合宿することに。(途中志摩も指導対象に)しかし、予想以上の2人の頭の悪さやしえみの差し入れもあってドタバタに
扉絵:薬草シチューを作ってる割烹着しえみ
中絵:アホコンビ燐&志摩に手を焼く勝呂&出雲&子猫丸(と宝)

しえみの割烹着ムッハー!(まあ予想通りの結果になりましたが) よく見たら表紙の右端の魑魅魍魎がわいてる物体はしえみのシチュー鍋でした。OH・・・
雪男はコメディにうるさいのか。サスペンスが好きだと思ってた。でも「ギャグ」にもマークつけてるし。
燐の成績も凄いが志摩も凄い。平均点15点ってよく正十字学園に入れたな。
志摩には警策でしばいても、燐にはやらない子猫さん。
ギリギリ赤点と追試を免れたっていうけどそれ凄いことだと思う件・・・
雪男まじ外道。

◆フェレス卿の優雅な一日
話:メフィスト視点で展開される一日。
ヴァチカン会議をサボったり、奥村食堂に寄ったり、ガキとクレーンゲームで張り合ったり、アマイモンにゲームを壊されたり。おまけマンガのネタ多し。
扉絵:もんじゃ焼のヘラとラムネ瓶を持って涙するメフィスト
中絵:ビルの骨組みの上に立つメフィストの横顔

んー・・・なんというか、小説版特有の気恥かしさが全面に出ているような。もっとはっきり言うと痛い。元々メフィスト自体が痛いキャラなのもある上、メフィスト視点だからなぁ。
ノリ的にはドロヘドロの魔のおまけのチダルマの話に近いところがあるので自然とそう変換してもた。
個人的にはメフィストはタイツだと思ってたので、レギンスという記述に衝撃。
じゃブーツの上のワインレッド部分はブーツの一部じゃなくてソックスなのか!?
騎士團上層部を老害と呼んでますが、メフィストこそ200年近くいるわけでそっちの方が老害のような気もしたり。
結界師の裏会のように上層部が人外になってるならともかく。
AmazanやYahha!、witter、nixiと読みにくいネーミングw
一応教職者の自覚はあるのか出雲に抱っこされるような真似はせず。

++++++++++++++++++++++++++++++++

その2に続きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。