スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銀匙】16話夏の巻⑥ 

9/7発売号。

この号からまたしばらく休載、再開は46号から(10月末)になるそうです。
第2子出産もあったり、ちょくちょく休載することが多いのでちょっと心配したり。
もっとも他の漫画家は産休で数カ月は休んだりするので、むしろ荒川先生が働きすぎなとこもあるのですが。

サンデーネタバレにつき続きにて。

◆銀の匙16話夏の巻⑥

タマコんとこの農場を訪問するの巻。

たかが牛、されど牛。されど牛、たかが牛…!?
牛に囲まれている八軒の扉絵。

アキん家に戻り、アキのばーちゃんに頭を下げる八軒。
すぎたことはすぎたこととして、御影家の分の鹿の足を取りだす八軒。
それを持って生き物の重さを実感する。
クマをはねてトラックがべこべこになってしまったことを話すじーちゃん。

「クマ…」
殆ど喋らないひーばーちゃんが口を開き、びびる八軒。

ひーばーちゃんが入植した年にクマが現れたという。
となり組の嫁娘が食われ、アイヌ猟師と男衆総出で山狩りしたものの仕留められず、
2日後に今度はまた別の一家がやられてしまったと…。


怨嗟のこもったそのひとりごとの内容に戦慄する八軒。

三毛別・・・!!
やはり入植時代の生き証人、となるとこの話が出てくるのか。
先週はクマと人とで持ちつ持たれつの関係と言ったけれど、一方がもう一方を侵害してくることもある。

甲子園の話をするじーちゃん。どうやらエゾノーは残念だったようだ。駒場は今頃合宿に精を出しているという。
前回の失態から挽回すべく、きりきりと労働する八軒。
その八軒の姿にアキのかーちゃんが遊びに行ったら?と言う。
しかし近所にはなーんにもない…
遊べる場所はどこかと言うと、イ●ーヨーカドー!
しかも100km先、車で1時間だという。

田舎だと遊べる場所といえばジャスコやサテンとか言われるのですが、それと通じるものを感じる。

ふとタマコが共同経営している農場のことを思い出す。
アキが電話して見学の許可をもらう。

タマコん家の農場の名前は「ギガファーム」
タマコの父ちゃんはタマコそっくり!!

そのまま入ろうとした八軒に、作業着のタマコがその顔面に「家畜用岩塩 20kg」をぶつけるw
普通なら死にます。つかそんな重いものを放り投げられるタマコすげぇ。
入る時には足の消毒必須だという。家畜800頭の命に生産者の生活を預かる農場なので、責任が大きいという。
その規模はヴァチカン市国7つ分。でかい。
広いので携帯電話の電波も通じる。着信履歴に母からも3件入っていることに気づく八軒。

搾乳はロータリーパーラーを使用。
このロータリーパーラー、入り口と出口があってぐるっと円形に牛を固定して搾乳すると。
牛の側に作業者にも手間を省く、という高度にシステム化したもの。
これ多分初めて見たと思うんだけど、衝撃的だったよ!

ギガ・ファームでは故障した牛は容赦なく処分される。
一方駒場家は滅多に処分しない。
御影家ではその中間。

八軒はつぶやく。

「…なんつーか この業界ってシビアだけどさ…
教科書に書いてある事や数値にこだわらなくていい、
答えはひとつじゃなくてもいいんだ、
……って言ってくれてる気がする」


おおおおお、ついにきた!!と思いました。
これこそ鋼の錬金術師においては直接言わなかったものの、連載している間に荒川弘が言いたかったことではないかと思っています。
鋼の錬金術師では禁忌や生命のあり方、という問題からは退いてしまった感があるのですが、
これは結局恣意的な要素が大きくひとつの視点からひとつの答えを出すことの難しさに行きついたからじゃないかと思ってました。

それを考えると、銀の匙は鋼では描ききれなかったところに踏みこもうとしている漫画だと思います。

八軒を見てほほえむアキと、数字は嘘をつかないから数値は好きよ、というタマコ。
ちなみに豚丼に名前を付けることについて同級生は反対でしたが、稲田兄はつけてもいいという考えでした。

そしてまたしてもタマコそっくりな…だが大幅にシェイプされている美女登場。
八軒は姉だと思ったが、実はタマコの母!
ペットのシェパード含めて父母息子娘と皆同じ顔。
ただし体型はタマコが父似、兄が母似のようです。

タマコの両親にタマコはしっかりしていると言う八軒。
しかり2人は少し困った顔をして言う。

「しっかり…かしら。
んー…なんかねぇ。
あの子後継ぎとか経営者って言葉に縛られて無理矢理大人になろうとしてるって言うか…」
「もっとフラフラしてもいいのにって思うよなぁ。」
「ね…」


驚く八軒と、自分も思うところがありそうなアキちゃん。

農家の子だからこそ、縛られてしまうこともある。



巻末コメントのテーマは「やってみたことで勇気がいるものだったのはなんですか?」。
荒川先生は「やってみたというよりやってみたいのはバンジージャンプ」と回答。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/93-62fcf07e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。