スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青祓】八候王についてその2~展開予想編~  

その1・元ネタ編の続き。

アマイモンと兄弟であるメフィストは果たして八候王に含まれる悪魔なのか、それとも別格の悪魔なのか不明。
しかしアマイモンの4巻13話「やさしい事」での「オカルト趣味のイトコ」発言からすると、悪魔同士の血縁関係も謎です。

◆悪魔の血縁関係とイトコ問題
サタンが虚無界に存在するあらゆる者の創造主なのは確実。
メフィストとアマイモンは父上と呼び、燐は我らの末の弟とも呼んでいる。
なので、サタンの炎を受け継ぐ正統な息子である燐以外の悪魔もサタンにとっては息子娘である。

眷属など八候王より下の悪魔は直接サタンからでなく八侯王によって生み出された可能性もあるけれど、個人的には上級悪魔はサタンが直接創造し、他の下級悪魔達はサタンがいじった虚無界で自然発生的に生まれたと思うので。
サタンを父と呼べるのはメフィストと八候王と燐だけで、その他の悪魔にとっては神ではあり父と呼ぶには雲の上すぎる存在だろう。

「イトコ」発言をどう解釈しようか。。。

親の兄弟姉妹の子供という意味だと、サタンとは別に虚無界の神に連ねる血統がいることになるだろうけど多分それはない。
生みだされた順序や、力の強さでも関係してるんだろか。

あるいは甥や姪だと、他の王の眷属を指しての発言とか?
なんとなく八候王(それも創作ではほぼ必ず狡猾でヤンデレ風味に描かれるアスタロト)なイメージがあるのだが。

◆四大元素と八候王
話は戻って。
四元素とされる地・水・火・気が全て揃っている上、八候王のちょうど半数になる。
この四元素、四大騎士にも通じるのではないだろうか。
というわけで四大騎士もまた地・水・火・気の四元素をつかさどる称号ではないかと予想。

現時点では八候王レベルの悪魔は大物すぎて契約に成功した例はなさそうですが、今後塾生が四大騎士になって八候王クラスの悪魔と契約するという快挙を遂げることになると予想。八侯王のうち反サタン派である4人と契約し、残りの4人とサタンと戦うというベタな展開を考えたり。

・地→しえみ(ニーちゃんも地属性なのでそれのレベルマックスといえばアマイモン。また、4巻ではアマイモンが冗談でしえみを嫁にすると言い出し、「契約」を口にしているのでフラグあり。
人間と悪魔に合意さえあれば契約は成立する、というのがあるとしてあの言葉が実は契約だけなら成立していた、という展開もあったりして)
・火→勝呂(本誌では火属性の上級悪魔カルラとも契約しているのでフラグあり)
・水→出雲?(弱いかも。天の大神酒を出していたという理由で・・・)
・気→宝?(これも弱い。パペットが本体説もあるので気なイメージ)


志摩・子猫丸は勝呂の従者なので除外。


うーん・・・120期塾生全員が肩を並べてのバトルの方がいいと思うのでこの予想は微妙。
少なくともしえみとアマイモン契約はほぼ確実に来るとは思っています。
しえみ氏には是非「虚無界のオジギソウは気が荒い」と言っていただきたい。
緑男のニーちゃんが出せる植物もアロエといった普通の植物から霊を呼び集めて浄土に送る鬼灯といった特殊な能力のある植物と、能力がUPしていってるので、そのうち植物系悪魔とか自由に呼び出せそうな気はします。

また、27話登場の魔元素形成図に基づくと、火<水<地<氣<腐<となるので、それぞれの悪魔が苦手とする要素の力で対処するという、カードキャプターの地を木で攻略したみたいな展開もありうる気はする。
それで考えるとまずしえみとアマイモンが契約して地の属性GET、そこから水、火、腐、氣・・・と攻略していく可能性はありそう。
(これは今藤堂がまさに今やっていることである可能性大。最初に悪魔落ちした腐属性の悪魔を取り込み伽樓羅を喰い、魔元素形成図に従って自信の悪魔としてのランクを格上げしていっていると予想)


とりあえず志摩の虫嫌い設定は、蟲の王ベルゼブブと当たってしまうフラグにしか思えない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/80-22b12868

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。