スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師プロトタイプ感想 

少年ガンガン 2011年 07月号少年ガンガン 2011年 07月号
(2011/06/10)
不明

商品詳細を見る

2011/6/11は鋼の錬金術師完結から1周年だな~と思いきや、
今年のガンガン7月号発売は10日でしたよ。
というわけで鋼プロトタイプ感想。

砂漠の街クロワトールにたどりついたのは、一人の少年と一体の鎧!?
最強ファンタジーコミックのルーツがここに!

少年ガンガン 2011年 07月号

◆ロゼとロゼの父が働くレストラン
出されたAランチはハムを乗っけたパン1枚のみ。
異常気象による急激な砂漠化とアルゼン少佐の圧政にあえぐクロワトール。
ロゼが「神様もいないわよね」と言ってるのが本編と逆だなーと。意図的?
ムッスリツンツン風味です。

壊れたものを錬成したりする場面はほぼ本編と同じような流れ。でもラジオじゃなくて壺でした。
水を作ってくれと懇願する村人に「一千万で引き受けよう!」
おま、どこの無免許医ですかw

「だよね」「じゃーね」といった口調は本編エドはあんま発しなさそうだなと。
初期の三つ目がとおるの写楽や遊戯王の遊戯も「ボク」喋りだったりこんな感じの口調だったような。
そこはかとなく冷たさがただよう初期エド。

◆アルゼン少佐邸
「朽ちず老いず 私に不老不死の身体を錬成してはくれないか?」

おお、これも読み切りの時からあったのか!
正直後付けだとばかり・・・
でも「権力者が不老不死を求める」というのは安易だからあんま好きじゃないです。
現代人にとっては実感がわかないと思うし。

一方脅迫のために牢に監禁されちゃうアルとロゼ。
アル余裕たっぷりだなぁ。キノコから花を錬成してるけど、生物系の錬成は難しいような気がする。
タッカーは合成してたけどアルは別種の植物に造り替えてるよね。

◆賢者の石
プロトタイプ版は立方体!闇ルーツで金と引き替えに入手できるものなのか。

「ただやはり不老不死という物を錬成するのはなかなか難しいらしくてね 今まで何人もの錬金術師で試してみたのだが・・・ みんな失敗して死んでしまったんだよ」
「リバウンドってやつだ 技術がまだ未熟な上に人類にとって未だブラックボックスである人の生命を操ろうってんだ 代償に術者の命を持って行かれても仕方ないさ」


賢者の石があれば素人錬金術師でもなんでもいける!ってわけではないのか。
あと当時は増幅器であって、情報集合体って設定はなかったんだろうか?

つかエドが錬成した球体はなんだったんだ?
傷一つつかない体になってるし。

プロトタイプエドの服が本編初登場のじゃな3話以降のデザインでなんでだろう、と思ってたら1・2話エドのインナーはアルゼン少佐由来かw

成功するや否や、部下にサーベルでエドの肩とアルの首を刺し貫かせるアルゼン。
いやそこは気付けよ!!金属だし感触なかったりで分かるだろ!

回想は本編と同じ。

そういえば真理の扉も出てこないけれどエドは手パン錬成できるのだろうか?
作中では賢者の石使っての錬成バトルしかしてないので不明。

◆人を殺しちゃうプロトタイプエド
「いや本当手前ミソながらすげーや んーでももうちょっとなんだよなー」
「錬成する時にネジの一本位混じっちゃったかもね」
「朽ちず老いず あんたの望んだ結末だ」


アルゼンが鋼になっちゃいました。うーんどういう仕組みなのか今一つわからん。
あ、エドサクッと人を殺しましたね。発言からしてどーせこーなるだろーと分かってて最初から殺す気まんまん?

◆湖錬成
「もう私達人間の力ではどうする事もできないのよ」
「この街はこのまま砂漠に呑まれてやがて地図の上から名前も消されて・・・楽しい思い出も辛い思い出も全部砂に呑まれて消えるんだわ ・・・・・・くやしいなぁ」

人間は人間の手でなんとかできる。
けれど自然は人間の手ではどうしようもない。

「守りたい何かのために本気で流すことができる涙には千金の値がある 報酬 たしかに頂いた」

キザすぎるwww本編アルに「くさっ兄さんくさっ!」とひやかされそうなレベルwww
そいやプロトタイプアルは兄と考えは殆ど一緒の追従キャラなのか殆ど喋りませんでした。

そして手パン。

村人が集まってくると、そこには地平線に届くかの広大な湖が。
ロゼは涙を流し「ああ・・・神様・・・!」と言います。

本編ロゼが神を盲信→神の不在を自覚するのに対して、
プロトロゼは無神→神の存在を錯覚するような奇跡を目にする、と逆です。


残酷で無慈悲な自然の摂理、それをひっくり返すことの快感。
この湖の光景は感動すらも覚えた。
でも街は荒れてるし、植物一本も生えてない砂と岩だけの景色の中にでんと出現してるからすごく人工的なモノを感じるなぁ。
とりあえず現状水があれば建て直しはできると思うけど、植樹や水がひからびないようにする工夫をしないと維持はできなさそう。
人工的に生み出した、かりそめの幸福とも解釈できるかもしれないところは盲目の錬金術師と通じるところがありそう。


親切心を起こしたばっかりに石を失うエルリック兄弟。
「・・・まいっか」と言い、旅は続くのであった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いつぞや読み切り版は「領主にいじめられていた村娘ロゼのためにエルリック兄弟が湖を錬成する話」と牛さんがおっしゃってましたね。
COMiCS・DRAWiNG NO.5 (2009)―漫画を描きたい、知りたい人のためのメイキングマガジン
当時はエルリック兄弟の力を示すために最初の方でサクッと描写したのかな、と思っていたので、まさかクライマックスでそしてここまで心を鷲掴みにするような絵だとは思いませんでした。
ついでにあえて当時の絵やキャラデザを意識して描くのか、それともあえて今の絵で描くのかが関心事でしたが、後者でした。アンテナが寝てない、アルが細くない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/8-ab64c06e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。