スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青祓】クロとミケ・ウケについて。 

明日青祓の謎本が出るらしいので慌てて手もちのネタを記事化。

◆猫又(ケットシー)・・・クロ
ケット・シー
ケット・シーはアイルランドの民話に伝わる妖精猫で長靴をはいた猫もその一種、そして胸に白いぶちがある黒猫とされますが、青祓のクロも胸に白いぶちがあります。
足先も白いのは、猫は遺伝子的に足先が白いと4本全部足先が同じように真っ白になる、という話をきいたことがあるような。
青祓では地域時代によって差はあっても同一存在、という方式を取っているので猫又といった各地の化け猫を「猫又」ケット・シーとしているようです。

青の祓魔師のクロは養蚕の守り神として人と共存していた「蚕神」と呼ばれた猫又、という設定でした。
この蚕神は実際に存在する模様。

狛犬の杜☆別館(日本参道狛犬研究会) 神使の館 猫 ~ ネ コ  養蚕、蚕神、保食命(ウケモチノミコト)の猫

上記サイトの掲載されている京都府の金刀比羅神社にある木島神社の狛猫の写真のビジュアルも青祓で出るものとほぼ同じです。この狛猫が元ネタなんだろうな。
クロ


京都、長野、埼玉、栃木・・・と割とばらばらに見られるっぽいですがクロはどの地方にいたという設定なんだろうかね。元ネタの狛猫からして京都?

おしら様も養蚕の神として祀られてるっぽい。

そういえばこの保食神、出雲が使う白狐のうち1体がそういう名前でした。


◆白狐(ビャッコ)・・・ミケ&ウケ
出雲が使役する二体の白狐。
それぞれ目が開いている方が「御饌津(ミケツ)」、閉じてて笠をかけている方が「保食(ウケモチ)」と書かれている前かけを付けている。
IMG_NEW_0001.png

共に食物と縁が深い神です。wikipediaによれば711年に保食神と同一とされる宇迦之御魂神が最初の稲荷神となったそうです。
稲荷神-稲荷神と狐

5巻で燐の炎が座席に飛び火してしまった時、出雲が神酒祝詞を唱えると保食が天の大神酒を出して消火します。
この祝詞も実在のもののようでした。

基本的に青祓の悪魔は聖水を弱点としますが、クロや白狐などは平気などころか自分から出せるようです。
クロは聖水・聖銀・聖酒など聖薬系は全て無効なので、やはり悪魔にもファンタジーでよくある「光」「闇」「秩序」「混沌」があって、「光」「秩序」寄りで聖なる神に近い存在ほど一般的な退魔ツールが効きにくくなり、「闇」「混沌」に近いほど効きやすくなるんでしょうかね。
燐の場合「闇」「混沌」属性なので聖水によるダメージは受けても、サタンの息子と上級悪魔なので大したダメージにはならないのですが、アマイモンら八侯王はどうなのだろう。

アマイモンは時代や地域によっては神として信仰される設定、4巻で聖水をひっかぶったしえみに触れても大したダメージになってない様子でした。しかししえみに触れた手から蒸気が出ているので、「邪悪」寄りで少しはダメージがあるのかもしれない。


ところで殆どの悪魔が八侯王のいずれかの眷属なのですが、猫又と神使にはいずれかの眷属、という記述はない模様。蛇〈ナーガ〉は地の王アマイモンの眷属ですが。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/72-15bd1d74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。