スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【荒川弘】WINGS10月号・百姓貴族で牛旦那初登場。 


Wings (ウィングス) 2011年 10月号 [雑誌]Wings (ウィングス) 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/08/27)
不明

商品詳細を見る


「荒川弘の旦那と息子が出てきてる」との情報をいただいたのでWINGS10月月号を購入。
8ページのために600円。
百姓貴族に関しては、雑誌読みも難しいのでほぼ単行本派状態なのですが初めてWINGSを買ってもーたよ。

というわけで23頭目「牛乳の味の巻」「牛乳マジックの巻」。
雑誌ネタバレにつき続きにて。

その前に前号について。
◆百姓貴族22頭目「農家の犬の巻」「バカだけど」「でもやっぱり・・・」
内容はよく覚えてない。でんすけや、代だい飼ってた犬の話だったような気がする。

◆百姓貴族23頭目「牛乳の味の巻」「牛乳マジックの巻」
上京してからも実家の牛乳を低温殺菌パック詰めしたものを送ってもらってる牛さん。
ある時牛乳の味が変わったと思い電話してみると、水道水が変わったためカルキくさくて牛がストを起こしているとのこと。
水の美味しさは牛乳の美味しさに直結。
というかそこまで反映されるのか。

荒川家では牛の体調チェックも兼ねて生の牛乳を飲んでいるが、おなかは壊したことはなくなにより加熱しない牛乳は美味いという。
無殺菌の方がおなかを壊しそうな印象だったので逆というのが意外。

去年の帰郷時に息子に無加熱殺菌の牛乳を与えてみたところ目をむき感動を隠せない様子を見せる。
牛息子!
IMG_0005_NEW_NEW.png
イラスト集3あとがきではベビーベッド時代でしたがこちらは去年で2歳の時の絵。
今年で3歳になるだろうか。
超高熱殺菌はおろか、低温殺菌と無殺菌の間でも大きな隔たりがある模様。

牛乳でおなか壊す理由には日本人に乳糖を分解する酵素が少ないのが一番の原因だが、牛さんいわく加熱しすぎによる良質なたんぱく質が壊れて消化しにくくなること・乳酸菌も一緒に殺してるのも一因じゃないか、と個人の経験からの意見を述べる。

ぐぐってみたところ、実際の無殺菌牛乳がおなかに優しい理由とかはほぼ牛さんの語った通りでした。
個人の経験?他の酪農家とも話してみて一致?書籍にも書いてある?ネット上で調べた?
百姓貴族で語られるうんちくのソースも気になる。
無殺菌牛乳、中札内村レディファームの「想いやり牛乳」が販売されている唯一の無殺菌牛乳なんですね。

そして旦那も登場。牛乳に弱かったが、牛さんの親父殿に無理矢理飲まされて以来低温or無殺菌派になったという。
牛旦那!
IMG_0006_NEW_0001.png

やだ好み・・・っ!!
一時期、旦那は鋼の担当編集者S氏ではないかと思っていた時期がありましたが、違うようです笑
牛姉の旦那さんは市役づとめの公務員だそうですが、牛旦那も非農家っぽい。
というか人型。
四季によって変わる牛乳の風味。冬が一番美味いみたい。
市販の牛乳は均質化されているため、酪農家の個性は反映されていない。
ということはバイ菌が入っていても薄まって基準値になってしまう。それはバイ菌に限らない・・・
担当イシイさんが持っている新聞には「放射○○○」「セシウ○」の文字が見える。

これに関しては良心と検査体制に期待するしかない。「信用は築くのが難しく崩すのは容易い」としめくくる。
うーん、出荷できないとその農家にとっては大打撃には違いないですが、かといって出荷すると消費者(特に乳幼児がいる家庭)の健康状態にわずかでも影響を与え、ひいては農家全体の信用問題にも絡んできますもんね。
風評被害もなるべく少なくしたいけれど、それとは別次元で汚染物の拡散も喰い止める必要もある。


というわけで息子&旦那登場でした。
コメントは「10年ぶりくらいにお盆休みを得たは良いが、久しぶりすぎて「何をしたらいいんだ」状態」と。
子供の頃から実家の酪農を手伝い、漫画家となった後は漫画づけ、といつも忙しそうな牛さんの人生。(牛生?)
今度低温殺菌牛乳を探して飲んでみたくなりました。

関連記事
FC2 Management

コメント:

え~~~

えー、まじで!! ずっと荒川先生男やと思ってた!!!~~しかも子持ちやし ハガレンの最後のおまけ漫画でトイレでつないくリレー四コマ漫画とかあったから女性のイメージなかったわー 

  • [2011/10/14 02:05]
  • URL |
  • ななしのごんべえ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

私も当初男性だと思っていたので女性と知った時は驚きましたw 身長も高く体育会系ですが。心情描写やおまけページのノリなどは確かに女性っぽいかも、とは思いつつインタビューなどで語られる人物像は「男前」な印象が強いですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/71-d4b1f121

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。