スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIGER&BUNNY・桂正和読み切り 

TIGER&BUNNY桂正和企画読み切り
週刊ヤングジャンプ2011年 36・37号【特別読み切り】「TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)」

キャラクター原案の桂正和先生が描き下ろした読み切り。
普段GANTZやねじまきカギュー、へ~せいポリスメン!!目当てでヤンジャンを読んでいる身ですがタイバニ目当てに購入者が増えることは予想されていたので、もし読めなかったらどうしよう、と思ってました。
無事読めました。
タイバニも気になるけれどこの号は不定期連載のGANTZが載るだろう号だったし、ねじまきカギューもすごく気になるところで続いたので読み逃したくなかったのです。

桂正和といえば「電影少女」だなぁ。姉が全巻持ってた。ああいう発想の漫画ってなかなかないと思う。あと女の子の体つきがえろい。特に尻部分。パンツの皺の書き込み具合といったら。
実家に帰った時、久々に読んでみっかと思ったけど3巻しか見つからず。
そういえば最初に読み始めたのも3巻からだったっけ。
ZETMANは読んでないから今度読ませてもらおう。


以下、タイバニ読み切りネタバレ。

辺鄙でボロい建物に集まる一同。
ヒーローの「結束の強さ」をアピールするために番組サイドで考案されたポージングを確認するところだった。アニエスいわくルナティックによりヒーローの支持率がダウンし、このままでは番組の視聴率ダウンにもつながりかねないため、結束力を示してイメージアップするという。

TVのボタンを押すキース。ポージングが表示されるが、苦情を言いまくる一同。
カリーナは「男に媚びすぎ」、
ネイサンは「男扱い」、
ホァンは「ブリッ子みたい」、
バニーは「古臭い・スタイリッシュなイメージが崩れる」と…

キースとイワンはいつも通りのポージングだったが、飽きて来たところだったため苦言を呈する。キースはグリコっぽいポーズ、イワンは手裏剣シュシュシュをやりたいという。
一方アントニオは「これでいくべき」と言う。
しかし自分のポーズが気に入ってるから言ってるだけだと指摘される。

ついでにロックバイソンのドリルがワイルドタイガーの角刈りにかぶってることに気づく。


そこで遅刻の虎徹登場。呑み過ぎて遅刻したという。100倍パワー使ってもこれだけ遅れるとはどんだけ寝坊したのか、と呆れられる。
カリーナ、「ちゃんと見たぁ?あんたに牛のドリルが!」
アントニオ「牛?」
別に、とポージングに興味がなさそうな虎徹。「現場でそんな事するヒマあったら一秒でも早く市民を助ける!それがヒーローの本分じゃ」
真面目にやってもらわないと、と言うバーナビーと衝突。
「耳が遠いんですか?オジサン」にキレて暴れそうな虎徹、 羽交い絞め にされる。
そして新ポージング考案へ。ネイサンのポージングは椅子に座った自分を中心とした、ネイサンハーレムのようなものだったためブーイング。
キースもセンターだと言い分けするも、キースは笑顔で「なぜ私は寝ているんだい?」とwこの顔が好き。イワンは椅子を毎回用意するのは無理があると唇を尖らせる。

今度はスカイハイ考案。「任せてくれそしてお任せあれ」という台詞が秀逸すぎるw
しかし皆でグリコっぽいポーズを取るというものだった。
純粋で天然なスカイハイの輝いたドヤ顔が素敵w
悪気はない、とぼやく虎徹。

ホァン「結束の強さをアピールするポーズなんて…ボク達が結束出来てないんだから出来るわけないよ」と苦笑してつぶやく。

そこに火事発生、いち早く異変に気づく虎徹。既に5分100倍パワーを使い切ってしまった後で身動きが取れないところ、他のヒーローがかけつける。
カリーナが凍らせホァンとキースがガレキをふっ飛ばし、ネイサン・イワン・アントニオでガレキを持ちあげ、バーナビーが男と虎徹を抱えて壁を蹴破り脱出。
「喋ってると舌噛みますよ」って乱暴すなぁ


一件落着後、そもそも遅刻で100倍パワーを使うからとか非難される虎徹。

しかしバーナビーは本当の理由を知っていた。
「寝坊だなんて嘘をつくからですよ」
急に産気づいた妊婦を病院に連れていくのに100倍パワーを使ってしまったからだという。
なんかいいつつもほほえんでいるバーナビー。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

とにかく表情がイイ!の一言につきる。キースとホァンかわいいよ。
こういう王道のいい話は好きです。
ところでtwitterのトレンドに「パン祭り」が表示されていたのですが、どうやらバーナビーの紹介ページで、「5ミニッツ100倍(ハンドレッド)パワー」と誤植してしまったようで・・・www

手作りパン職人バーナビー!!


以下、GANTZやねじまきカギューについてもつらつら。

◆GANTZ
妙ちゃんはどんなに危険な目に遭っても生き残りますね。ヒロイン補正。岸本はヒロインじゃないので死んだままか。合掌。
インモー見えてる。
やっぱ異星人でも女なら慈悲の心があるのか
足からワイヤーをひっこ抜くシーンが痛い痛い痛い!
玄野を探し続ける。

一方、一同はグロテスクな姿の生物がいる場所に。攻撃してこない。
そして夥しい死体が積み重ねられた場所へ・・・


◆ねじまきカギュー 22話「表と裏」
絶対個性主義をかかげる理事長は、トラウマイスタの社長二千恵まんまのビジュアル。
それがいつの間にかカモ先生の部屋に!
これ前号すごくドキッとしたよ。
犬塚紫乃vsカギューを提案する。
愛莉州という秘書、二面性ありすぎ。セリフがエロい。

ところでサブタイが前号の「新しい約束」そのまんまになってましたが正しくは「表と裏」だそうです。


◆へ~せいポリスメン!!
じいちゃんにウナギを御土産に持っていきたいゴウ。
ウナギがよくとれる川に行くが、じいちゃんが住んでいるところでじいちゃんもいつも喰ってるからなぁと言う。
黒澤さんとドキドキタイムになるもやっぱり空気が読めないゴウだった。


以上!

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/49-03361f34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。