スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【諸星】銀座スパンアートギャラリーと京都国際漫画ミュージアム原画展 

・2013/5/14-18:銀座スパンアートギャラリーにて 画集『不熟』発売記念 諸星大二郎 原画展

画集『不熟』発売記念

諸星大二郎イラスト集の発売を記念しての原画展でした。
20点規模で、妖怪ハンター・陋巷に在り・栞と紙魚子・暗黒神話など。

暗黒神話

ここで感動したのは、ジャンプエース版の暗黒神話の表紙でしたね。中心の弥勒が金色の絵の具で塗られ、周囲に主要人物がそれぞれ赤・黄・白で描かれているのですが、主線も筆で描かれてるんですよね。それと人物のグラデーションが絶妙、文様は水気の少ないアクリルで描かれてて。

陋巷に在り


そして陋巷に在りの絵が多かったんですが、こちらは水気少な目にガッと描いている印象。
特にこの絵が、ヒリヒリと灼け付くような熱さがあるのが…!藤田先生も推してらっしゃいましたね。


・2013/7~9:京都国際漫画ミュージアムにて 諸星大二郎原画展:不熟1970-2012

諸星大二郎原画展:不熟1970-2012

私が行けたのは高橋葉介セレクションと藤田和日郎セレクションでした。
可能なら諸星大二郎セレクションも、全部見に行きたかったんですがいかんせん時間と金がなかった…。

・高橋葉介セレクション
諸星大二郎先生の絵について、「目力がある」とおっしゃられていました。特にちくま文庫版表紙のマッドメンのコドワに目力がある、と。そして文庫版妖怪ハンターの「稗田先生のお顔が怖いです」とも…w
あと画集の描きおろしで描かれた、聖書のアダムとイヴが知恵の実を食べてしまうエピソードをコメディ風にした「リンゴのタルト」を、諸星大二郎先生の貴重な裸エプロンであるとw
「Gの日記」から「少女G」については、人形の青い目と赤いバラの色の対比が良いと。Gの日記、モロ☆お得意の、しばらく正体や真相を隠しといてクライマックスで正体をあっと明かし異形の存在を暴れさせたり奇蹟を起こしたりして読者を驚かせるような短編です。
一方で、画集表紙の「海の女」について興味深い解説をなされてました。手前の手をつなぐ二人の男女が完全な創造物で、岩場にいる海の女と管でつながった女たちは海の女と離れては生きていけない不完全な創造物であり、海の女に対して不満を示すかのように睨んでいる…みたいな感じのこと。それに対して海の女本人は、自分の創造物に対してたいして関心がないかのように見える、というのがミソとも。
高橋葉介先生も短編「海」で、海そのものである巨女を出しておられていたなぁ、とか思い出したり。こちらは「母」というよりは、恋愛/性愛、嫉妬深さを持つ「女」としての「海」って感じでした。
生物が海から陸に上がって進化していったようにこの二人のアダムとイヴも創造主の元を離れ自立して活動していくのでしょう。一方、手前にいる布をかぶった魚は逆に人から魚へと戻って海に帰っていくようにも見えたり。これは「魚の夢を見る男」のイメージで読んでしまうからなのかな。
マッドメンについて、牧歌的なジャングルでなく、闇をはらむ密林であるともおっしゃってたかも。

・藤田和日郎セレクション
藤田先生は、熱狂的な高橋葉介&諸星大二郎ファンを公言していらっしゃいましたね。
屈む怪物

藤田先生が推していたのは「屈む怪物」。古い方の「妖怪ハンター」に何の解説もなく唐突に出てくる。
あのうしおととらのとらの造形の元になった絵とのことです。あの強いのに、現代の電化製品に興味津々・はんばっか大好きと愛嬌があってうしおの唯一無二のパートナーであるとらとは似て似つかぬ絵ですが、確かにフォルムは似てます。
画集での諸星先生による解説では、『中国神話の起源』の一文からイメージしたもの、後に顔だけ変えて『影の街』に使用した、とのこと。うしとらのとらは、元々シャガクシャという名のインド人で白面の者を追って放浪し、中国に渡り獣の槍の使い手になりそして字伏と化して日本では長飛丸と呼ばれるようになった…という来歴があるのですね。藤田先生が見た時は何の解説もなかったのだろうけれど、奇遇にも「中国の妖怪」のイメージで一致したのかもしれません。中国にいたころのとらって感じでさ。
そして「影の街」の巨人は新世紀エヴァンゲリオンの初号機にもインスピレーションを与えたことでも有名。となると、ある意味、うしとらのとらとエヴァの初号機は起源を同一にしているともいえるわけで。まったく似つかぬこの二つのキャラクターが同じ起源を有しているかと思うと、面白いものがあります。

それと、ジャンプコミック版の妖怪ハンター表紙の左端にある丸い石のポカーンとしたような顔は、モロ☆先生によってはじめて出会わされた「異界」に完全にノックアウトされてしまった読者としての自分自身だとか、天の巻の口からなんか出てる無数の亡霊っぽいのはモロ☆先生の描く目力がほしいという自分自身だとかおっしゃられていたのが印象に残りました。
あと、マッドメンで魔物・アエンに呪物を投げるイラストについて、「気持ちの悪い距離」とおっしゃっていたり。至近距離からでなくロングで描いてるのがミソみたいな、そんな感じのこと。その異形の怪物の全貌がよくわかる、それに対するキャラクターの反応や周りの状況がわかる。うしとらではふすまの回がそんなイメージなのかな。ふすまのギョロ目でギョッとさせられた後で、飛行機にまとわりつく手足も見えその全貌がわかって「うわあああ気持ち悪いいいい」ってなるのね。

縄文少女

お二方も激推しだったのは「縄文少女」。
高橋葉介先生は「温かい絵」「温度が上がりそう」、藤田先生は「最高傑作」と評してました、実際私もこの絵大好きです。
手や足首の描き方もうまいし、髪に飾ったたんぽぽが素朴だし、今よりもシンプルで平均寿命も短い社会ながらも朗らかな笑顔を浮かべる…というのが良いのです。
確か、電撃ジャパンの表紙に描いた絵で、雑誌の表紙は超久々だったとかな。
もっと諸星大二郎先生の描く雑誌表紙が見たいですね、知らない人が「この漫画気になるぞ」と思うような絵柄だと思うのです。

ちなみに京都国際漫画ミュージアムって、漫画を読むことができるのですが諸星大二郎先生や藤田和日郎先生の漫画・高橋葉介先生の漫画を一所に集めて読めるようにされてました。姉が高橋葉介の漫画をかなりの量もっているのですが学校怪談はないのでそれを読みました。うーん、やっぱ面白い。お金が貯まったら自分で買おう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/292-0ed7ff3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。