スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月第2週 (銀匙39話・東京喰種30話・ZEXAL54話・5D's15話) 

5月第2週(5/7~5/13)感想。

以下続きにて展開。

■銀の匙第39話「秋の巻⑧」
牛の直腸検査見学の巻。

なんだ・・・今週の銀匙から漂う凄まじい\アッー!/臭は・・・
男子生徒が自分のケツの穴に突っ込まれる想像をして思わず自分のケツの穴を閉めたり、先生が「生の牛でやらせてやる」と言ったり、八軒がズボンとパンツをひんむかれフィストファ○クされかけ同期にもケツの穴を心配されたり・・・(※単に直検見学して八軒が尻を打っただけです) 目を逸らした奴に限って指名されるのは世の理だね!といっても、体験は本物の牛でなく機械の牛。意外。獣医の新人戦がある時期に生徒が怪我したら困るからという言葉で、転倒した牛から駒場をとっさにかばって自爆した八軒ですが、自分も新人戦があるのに大丈夫だろうか。礼を言い、「巻き添えでケガされるのはこっちも辛いから」と言う駒場、ちょっと核心に迫るか・・・!?
扉絵の部活女子、タマコが柔道部でびっくり。理数っぽいインテリ部に入りそうな気がしてたけどよく思い出してみりゃエゾノーには文化部は殆どないのだった。冒頭では鶏の解剖でピヨ先生が鉗子メスと間違えてナイフフォークを持ってたり、教室内に七輪が置いてあったりとギャグも良し!「家畜は、ケガしたら即、生きるか死ぬかの選択を迫られるのよ。」というタマコの台詞は、気軽に治療を受け生き延びられる人間と治療・維持費による損失より処分が選択される家畜の違いが出ていて深い。だからそういう意味では、家畜は「大事に扱われる」。コメントで述べていた2回戦と3回戦の高校名を同じにしちゃったミスは気づかなかった。目次のフリーコメント制は作家陣からは相当不評なようでw


■東京喰種第30話「苦味」
捜査官の一件後、ヒデや嘉納などが久々に登場する。ヒデの勘の鋭さに不安を募らせ、嘉納に疑念を抱くカネキ。

リゼとカネキの扉絵いいね。女が出ない回。もう病院に行かないのかと思いきや、定期的に診療を受けているのか。本当は全部気づいていて隠しているだけではないのかと疑うカネキ・・・嘉納もきなくさい可能性が浮上。喰種に協力する人間というのもいそうではある。病院関係者で、臓器や人肉を売買する人間や、あるいはカネキの件は嘉納による人工的に喰種を生み出す実験とか。嘉納は「人間は喰種によって間引かれるべき」という思想の持ち主かもしれない。リゼの家族?一人身だと思ってた。授業中でヒナミの事件に関心を持ち鋭く推察していくヒデ。ヒデが鞄から取り出した小倉の本が、机のカネキの席にもあったけど2冊あんのか?和歌山喰種・・・いろいろいそう。あんていくでは英雄視のカネキ、見物人多いな!芳村は「ヒトである君が"喰種"を守るために戦った 私にとってこれほど嬉しいことはない」と言い、謝ろうとして言いよどんだけれどその意図いかに。カネキ喰種化に関与しているのか。ヒナミは現在トーカと2人暮しだそうな。トーカは目ェつけられているので危険な気もするんだが。
ラストのヒデはやっぱりカネキが喰種と気づいているかのような様子・・・元々半常連で、カネキのバイト開始からは更に頻繁に「あんていく」に足を運んでコーヒーを飲みそうな彼が一人、自販機の缶コーヒーをすすり「苦いな」とぼやくのがなんとも意味深。ヒデが「あんていくは喰種のたまり場」と密告するだけで彼らの運命は左右されるのでどうなるか。


■遊戯王ZEXAL第54話「トロンVSドロワ 死蝶の誘い!命懸けのジャングルフィールド」
地の利を生かしドロワは幻蝶デッキでトロンにロックバーンを仕掛け追いつめるが、《No.08紋章王ゲノム・ヘリター》で逆転されて敗北し、トロンにカイトへの想いも記憶も奪われてしまう。

ドロワさんじゅうきゅうさいショックが抜けきらないまま、今度はドロワが「そうだ 私は彼を愛している」と告白!今一つ飲み込めない遊馬に腹ドンを喰らわした小鳥ちゃんが鈍感と言ってたのですが、むしろ予想できた人間の少数だと思う。大部分は「おねショタというか母性・・・?」と思ってたぞ。子供のように振る舞うトロンはいつにも増して子供っぽいというか道化っぽくふざけてる気がする。少女時代のドロワ回想・・・「鬼神」による訓練が謎すぎる。「すがるな!すがった瞬間に己は己を無くす」と言い、一人だけで戦おうとするカイトの姿に惹かれたようです。予告の時点では魔法カードを破壊するカード効果で火の海になったのだと思ってたのですが紋章パワーによる演出だったんかい。そして後半のトロンによる逆転は、やはり遊戯王DMの舞vs闇マリクを連想させる残虐ファイトに。いや、予想以上にそっくりな流れに。トロンの「その記憶をかじりつくしてあげるよ」などトロンの芝居がかかった、そしてそこはかとなくエロ戦車な口調も相手の忘れたくない記憶を奪うという顛末も闇マリクのようだった。当時ジャンプのアニメ情報欄で舞戦が、苦痛の体感の代わりに記憶を削られていくという設定になったと知った時は「これまた別の意味で残酷な設定になったもんだ・・・!」と思った記憶があるのですが、いつ見てもむごいなぁ。しかも「美味しくない」と一蹴・・・「あの人に伝えて…私を覚えていてと…」と涙するドロワかわいそう。
トロンのデッキ、もっとトゥーンとか天使とか特徴的なのだと予想してたので紋章デッキと割と普通。ゲノム・ヘリターの効果の一つは「名前を奪うこと」で、ちょいスキル・ゲイナーとかぶってる。漫才がちょっと怖いぞ。そして今シリーズ初の女性キャラへの触手プレイ。むしろ野郎への触手プレイが異常に多すぎた。遊馬とゴーシュ戦あるかと思ったけれどこれはゴーシュが棄権しそうだな。

今回のトロンのセリフ:「虫がよすぎるんだよ!」←蝶=虫だけに 「名無しさん 潰れちゃいな!」←スレ民(゚Д゚)ハッ・・・ エフェ~


■遊戯王5D's第15話「デュエル・オブ・フォーチュンカップ開幕 大空襲!ジャイアントボマー・エアレイド」
開幕するフォーチュンカップ初戦龍亞vsボマーで、龍亞が反応型バーンのリアクターデッキで敗北する回。

龍可になりすます龍亞の化粧が濃いw遊星に「化粧はしない方がいい」と言われちゃったぞ・・・膝をつくレモンが礼儀正しすぎる。ジャックの謎操縦スキル。マーカーつきの遊星参戦でブーイングの嵐の中、決闘者は平等と発言するボマー△ 治安維持局と内通しているようだけど。ちなみに龍亞には龍可になりきる気が全くないのでバレバレ。結局、相手のカードに対処するより自分の戦術を決めることばかり頭にある龍亞は「すなわち私が何もせずとも キミは自分のデュエルによって敗れる」と言われた上、せっかく召喚した《ガジェット・トレーラー》もモンスター効果で破壊されて涙ぐんだ上膝をついて敗北とか散々すぎる。遊星といい容赦なさすぎまっせ。一方、モーメントの感知により観客席の龍可がシグナーとバレる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/267-245de253

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。