スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】5D's4月分感想(11・12・13話) 

4月〇週感想より遊戯王5D's感想のみを再掲。

以下続きにて。

■4/14:遊戯王5D's第11話「特殊追跡デッキ再び 取り戻せ仲間との絆」
氷室の紹介で雑賀に会い、彼の協力でD-ホイールを奪還しようとするが牛尾の追跡を受け、保管庫通路の出口が閉鎖されていく中突っ込む回。

だめだ…「ミルクでももらおうか」「おいおい…ちょっとはしろよ、会話のキャッチボールってやつをよ」が腹筋クラッシュすぎて…ミルクの方はマスターに坊やと皮肉られたから返しのつもりなんだろうけどいかんせんシュールすぎる…結局牛鬼はミルクの引き換え券なのか。しかもコースター代わり…皆会話のドッジボールしかしない。(原作遊戯王はむしろアイコンタクトだけで会話のキャッチボールを成立させてるが) 牛尾の追跡から雑賀によって救出されるのが、いくら2ケツが法律的に微妙とはいえ拉致して横にして固定はやっぱりシュールすぎる…!というか雑賀の語り、相方に裏切られたと思いきや自分が見捨てたんか。死ぬ死ぬ。保管庫からD-ホイールを奪還しようとするも見つかるシーン、跳躍力高すぎる。最後突っ込む。


■4/21:遊戯王5D's第12話「死闘追跡(デッドチェイス)!絆を紡げターボ・ウォリアー」
雑賀の支援もあって、ついに《ターボ・ウォリアー》を召喚し牛尾を負かし脱出に成功するの巻。

落下するD-ホイールに腕一本でしがみついてのフライングデュエル、命がけすぎまっせ。雑賀の過去がもう少し詳しく明かされるのですが、相棒が負傷したのは壁に激突した段階ではピンピンしていてカードを救出しようとした時に爆発して~というのに驚きを隠せない。遊星の「確かに仲間という言葉はまやかしかもしれない。だが絆が残っていれば確かなものとなる。オレはその絆を取り戻しに来た」って台詞がいい。ジャックのことを指しているのだろう。牛尾さん「ハハハ よみがえる!よみがえるゥ!」ってテンション高すぎ。そしてついに双子登場!


■4/28:遊戯王5D's第13話「ダイヤル・オン! うなれディフォーマーデッキ」
トップス暮らしの双子・龍亞&龍可に介抱された遊星は龍亞とデュエルして表示形式の変更によって負かし、そしてイェーガーの脅迫によりフォーチュンカップに参加することを決意するの巻。

なんか急にさわやかになった!今までがむさくるしかっただけとも言う。それにしても二人暮しなのにどうやって遊星とD-ホイールを運んだのだろう。レモンのフィギュアは実際に商品化されているのでちょっとニヤッとしてしまう。おもちゃがトランスフォームするというコンセプト、直後の番組がTFプライムなだけにシンクロを感じてしまう。すさまじく口達者だ。前半、いつも通りの高いスルースキルを見せた蟹でしたがデュエル時に対人スキルが上昇しよった!しかし子供相手に本気でデュエルして負かす遊星・・・大人げねー!容赦なさすぎ。(手を抜いたり、ましてやⅣのように途中で豹変するのも問題ありだが) でもアドバイスしてやったり、二人の決闘盤を腕に合うように調整してやったりする姿はまるでお父さん

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/263-4ddbc0c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。