スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】遊戯王5D's再放送2・3月放映分感想(1~10話)  

現在視聴中の遊戯王5D's2・3月分感想。

以下続きにて展開。

遊戯王GX
■1/28:最終話「真の卒業デュエル!十代VS伝説のデュエリスト
デュエルアカデミアから旅立つ十代が、過去へタイムスリップして高校生の時の遊戯と対決する回。

ちょっと寝過ごして観たのはBパートだけだけど、丁度地震情報が流れるタイミングで2人が笑いだしたり…wBMGが《魔法の筒》を使う時耳を塞いでるのがかわいい。自分が決闘やりたいからって交代してしまう闇遊戯ヒドス オシリスのラスボス感…!その構図ソードマスターやで!
結末は明かされてないのですが、先輩の威厳を保つためとオシリス効果と十代(グー)は遊戯(パー)には勝てない、という法則からして負けたのだろう。でも負けても、決闘の楽しさを思い出したから得るものはあるんだろうと思う。行く末はニー…

++++++++++++++++++++++++++++++++

遊戯王5D's
■2/4:第1話「ライディング・デュエル!アクセラレーション!」
王者として君臨するライバルを横目にサテライト生活する遊星が、警察官牛尾に追われ決闘を持ちだし勝利しまく回。

しょっぱなから迷言のバーゲンセール。元キンの「キングの決闘はエンターティメントでなければならない!」、主人公の第一声が「ザコだったろ 相手(酷」、更には牛尾の言葉をスルーした上に口を開けば「おい、デュエルしろよ」「カードは拾った」…5D'sといえば、文庫版遊戯王の載っていた設定ラフで見て「かっこよさそう」と思ったのと後期のハイスペック遊星
のイメージしか知らなかったので初期遊星はクールで無口というよりコミュ障にしか見えない。今回私は5D'sの中後半が評価が高いこと、ストーリーのある程度を知っている状態なので最後まで観ようと思っているわけですが、当時バイクで決闘、ということで視聴者を唖然とさせたこともあって当時すんなり馴染める人の方が少なかったろうに。そんな人たちも今や「なぜバイクに乗らないんだ」と思うように洗脳されてるわけだから遊戯王こわい。ラリーは男の娘…!? 盗んでないと言い張りつつやっぱり盗んでたから将来有望。


■2/11:2話「パワーインセクトデッキ!蟻地獄の罠」
遊星が瓜生のインセクトデッキを破り、かつてジャックに言われた言葉をつきつける回。

回想でまたしても迷言!「キングだからか?」「キングだからだ!」…負けて悔しがる遊星が新鮮だ…元キンのカード手裏剣でデッキに戻す技が謎すぎる。結局瓜生さんが、自滅する形で進行しドミノでとどめさしちゃうのですが、「すべてのカードを信じるデュエリストの魂」って一応名言なのだろうか…当時のジャックは普通にかっこよかったのかもしれない。ちなみに「バイクだけじゃなくて普通のデュエルもやるよ」なのか、スタンディング・デュエルで進行。って、本来座ってやるのが普通のカードゲームであり立ってやるのは普通のカードゲームではないことを超今更思い出した。


■2/18:第3話「脱出!ニトロ・ウォリアーVSゴヨウ・ガーディアン!」
ジャックとの再戦の為にネオ童実野シティへと向かう遊星が、ゴミ集積所で牛尾に追われ、廃棄口が開くタイミングで辛うじて勝利し脱出する回。

早くも牛尾と再戦…遊星さんの運転技術がチートすぎる。というかあんな粗大ゴミが大量に押し寄せちゃ牛尾さんが死ぬ死ぬ!相手のモンスターを倒してNTR効果で一時期猛威を奮って禁止カードになったというゴヨウ・ガーディアンが登場。「何度も何度もクズとばかり…他の言葉を知らないのか?」遊星がクズクズ連呼でプッツン。地雷のようです。それにしても初期遊星さんはキャラがかたまりきってないなぁ。


■2/25:第4話「運命の対決!立ちはだかるスターダスト・ドラゴン」
スタダを取り戻すべく夜明け前の競技場でジャックとデュエルするが、早速フィールドにスタダとレモンを並べられる回。

Dホイール(壊した)とレアカードを盗んで「キングとはチャンスを逃さないものだ」と言い張れる根性がすごい。青眼を偽物とすり替えて奪い決闘したり、主人公や身内の命を危険に曝して決闘した海馬に始まり、遊戯王のライバルは汚い手段を取る伝統。(そして敗北で名誉が失堕してしまうのも)
NTRれてるスタダはまじヒロイン。カード手裏剣返しとまわる阿久津がシュール。競技場の壁面で後ろ向きになりながら進むのってどういう構造になってんだあのホイール…あまりにも饒舌かつ一方的に喋るので若干イライラしだした蟹。「おまえはしゃべりすぎる」…「賑やなってきたな」 元キンはレモンとスタダ並べて高笑い。テンション高い。


■3/3:第5話「激突するエースドラゴン!スター・ダストVSレッド・デーモンズ」
スタダを奪還し2体の竜が互いに攻撃し合おうとした時、2人の痣がうずき赤き竜が出現したことでデュエルは中断、遊星は不法侵入により収容所行きになる回。

いちいち台詞がまわりくどい元キン。スタダの破れた羽のような翼や、流線的なシルエットのデザインはかっこよいと思うのですが、首の長さにはどうしても今に至るまで違和感を感じてしまう。ほら、殆ど人型だからどうしても長く見えて…赤鬼柳さんちーっす!モーメントが制御不能になる程の異常な高エネルギーに襲われてるのなら中断しろよおまえら。5話目にしてしょっぴかれる主人公というのも珍しい…


■3/10:第6話「見てくれ!ワシの秘宝デッキ!」
収容所で以前からの収容者氷室が新人歓迎会として矢薙の実戦性皆無のオーパーツデッキを嘲笑するが、遊星が矢薙のデッキを手に取り立ち向かう回。

やたらとむさくるしくてホモくささの漂う収容所編。マーカーつけられる→矢薙に「何があったんだ?」「きかないでくれ」の流れがどう見てもアッ― 矢薙の爺さんちょいうざい。3カメ足払いがシュールすぎる。「役に立たないカードなど一枚もない」と言う遊星はかっこいい。


■3/17:第7話「カードにこめた想い!水晶ドクロVS大牛鬼」
デメリットの塊のようなオーパーツモンスターを3枚揃え一蹴した遊星、一方ジャックにゴドウィンはナスカの邪神やイリアステルなど物語の核心を明かす回。

迷言が強烈すぎる遊戯王だけど、名言もキメる所はキメる。「踏まれたカードが痛みを感じるなら、勝利して喜びを与えるのもデュエリストの役目だ」遊星って男にもモテそう。丁度ZEXALでもオーパーツデッキ活躍していた時期でした。勝ったものの取り調べが…


■3/24:第8話「満たされぬ魂 シグナーと伝説の竜」
竜の痣で取り調べを受ける遊星、一方不満が燻ぶるジャックは炎城ムクロを返り討ちにする回。

5D'sで、いや遊戯王全体で最もホモくさい回。しょっぱなからデブオヤジによりパンイチで拘束され電撃を流され絶叫したりと、児童向けホビーアニメというよりホモ向け凌辱AVを見ているかのようだった。たまげたなぁ。主人公のレイープ目が夕方18時に流したのも、今回は朝の7時半に流したというのもたまげたなぁ。アウトアウト。中の人のtwitterによれば、叫びの練習で隣人に心配されたとかw鷹栖はそんなに鼻毛飛ばして鼻毛なくならないのだろか。飛ばすのやめれ。そんな濃厚なホモパートだった前半ですが、後半は普通に元キンのデュエル。…普通に?「これがデュエルだと?ただ運が良かっただけではないか」出た、キングの禁句だ!遊戯王でそれは言ってはいけない。闇遊戯など神がかった引きに頼ってますぞ…


■3/31:第9話「カードにかける思い 仕組まれたライトニング・デスマッチ」
脱走に向けて動く青山、一方遊星は収容者達からカードを預かり鷹栖と電撃マッチをするが遊星のみに流れる不正なもので、一方的にデッキ破壊させられダメージを受けていく回。

相変わらず濃厚なホモ回。なぶられることに定評のある遊星さん。鷹栖が氷室に「凶器を隠し持ってる」の所は卑怯すぎる。頭か。そのウニみたいな頭そのものが凶器ということか。その男気で収容所面子から大人気な蟹なのですが、トイレにカードはどうなのか。歴代の敵はカードに細工を仕掛けたりとか不正を働き、主人公は正々堂々と戦うのが常。その次回、主人公は手札持ち替えをするのですがこれはセーフ…?(表遊戯はペガサス戦で攻撃後マジカル・シルクハットの配置を変えてたが)


■4/7:第10話「デッキ0 チェーントラップのループを破れ」
相変わらずピーピングなど卑怯な手を使う鷹栖に対し、単独脱走を取りやめた青山が不正を阻止しそして不正も見破っていた遊星が《瓦礫の王》で鷹栖のライフを一気に削って勝利し、収容所から釈放される。

よく叫ぶ主人公。ただし今回はデブオヤジも叫ぶ。誰得。鼻毛もケシズミwww そして小刻みにダメージで電撃ならともかく、一度に3000ダメージ分の電撃を受けたら死ぬ死ぬ!結局超官に遊星と青山の釈放も認められ解雇。ざまあ。 「仲間を置き去りにした先に本当の自由はない」は今回の名台詞。すっかり仲良くなった収容所面子からもカードをもらうのですが、今後そのカード達が活躍したかどうかは…

++++++++++++++++++++++++++++++++

初期5D's中々シュールというかカオス、迷言のバーゲンセールすなぁ。むさいよむさくるしいよ。はやく双子&アキさんデテコーイ

そういえばジャック・アトラスの声優である星野貴紀さんが、「学校に行こう!」の声優オーディション企画で奪還屋のキャラの声をもらい、そこから声優ルートを進んでいったノッポというのは割と最近知りました。当時学校に行こう!見てた見てたw 結局全員不合格だった気がするけど、エンドクレジットでしっかり「ノッポ」と書いてあって噴いた記憶がある。デビルマン歌ってたような。一緒にいた姫?も、自己紹介で殿にご無体される女の子を演じて岡田准一が「よいではないか よいではないか」とノッてたり、女の子が銃を乱射するシーンの声をやってみた時アドリブで、p「ご無体な~!」と叫んでいてなかなか強烈だった。

ついでに星野さん、ミロスでアランを演じた人と同一人物だったことにも最近気付いた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/252-5ce5f3e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。