スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】遊戯王ZEXAL2・3月放映分感想(41~49話) 

現在視聴中の遊戯王ZEXAL2・3月分感想。

以下続きにて展開。

■1/30:第41話「消えたハルト!新たなる敵トロン」
トロン一家に拉致されたハルトを取り戻すべく探しまわった末に、立ちはだかるⅢ・Ⅳvs遊馬・カイトのタッグデュエルが始まる回。

意味のない妨害をしたばっかりに遊馬に股間を蹴られるゴーシュさんかわいそう。カイトの思い出は若干美化されている気が…w 普通の服をしたカイトはもう少し年上に見える…というか全然似合わない。そしてハルトの能力強奪と称したショタの触手プレイ。兄弟テレパシー。はやくしないとハルトが危険。皆オッドアイモードで決闘してるのに遊馬だけD-ゲイザーなので若干浮いてる。おまけで、意味が重複している言葉というお題で「チゲ鍋 サルサソース」「ハッ… 希望皇ホープ!!」「それは言うな。」で腹筋がクラッシュされた。


■2/6:第42話「遊馬とカイト 魂のタッグ・デュエル」
遊馬を無視して一人決闘するカイトをサポートする遊馬だったが、敵にナンバーズを2体召喚され不利になる回。

カイトが社長以上の協調性皆無プレー…!一方、自分を犠牲にして相方を助ける遊馬は自己犠牲精神の塊だなぁ。他者愛ともいえるけど、ライフを失えばアストラルが消えるということを忘れているともいえるわけで…こういう調子なので終盤Ⅳが「なんで俺に気持ち良くデュエルさせねえんだ」とキレていて噴いた。小鳥ちゃんもドン引き。Ⅳのデッキはキモい人形《ギミック・パペット》シリーズで構成されていてすごくバクラっぽい。というか、バクラやプラシドなど先輩作品の「極悪外道だけどどこか小物くさい所がある」キャラをリスペクトしたかのよーなキャラだ。《マシュ・マック》は《闇晦ましの城》+天空の城ラ○ュタ…!!ヴリルの火…ラ○ュタの雷…デザインは凄くかっこいい。CMで誰が見てもネタバレと分かるネタバレテロっ!《ジャイアントキラー》は久々にウワァァァァとなるようなトラウマモンスター。ホープさんを粉砕しちゃったのがグロい。Ⅳとカイトの顔芸対決すげえ。


■2/13:第43話「奇跡のオーバーレイ!超銀河眼の光子龍」
銀河眼の光子竜の動きも封じられ、更には《ヘブンズストリングス》で敗北予告されたものの、《超銀河眼の光子龍》へと進化させることで逆転勝利する回。

やられ様もグロかったJK。ホープレイとして復活したホープさんが、前回粉砕破壊された腹いせっぽくジャイアントキラーをめった切りのバラバラにしていて、最後若干アヘってたのに笑ったw なんかカイトが豆腐メンタル…そこで例のネタバレモンスター登場。ハルトが兄を想う力でカイトが赤く輝いたり、我が魂と口上を並べたりとカイトが元キン化。超銀河眼は、翼に頭がついていて三ツ頭のようだったりと究極龍をイメージしたようなモンスター…チート!Ⅳの台詞は何もかもネタ度が高いのですが、今回味方だったカイトの発言も「懺悔の用意はできているか!?」とかそれ悪役の台詞ですから!2人がぶっ飛んだシーンという中途半端なとこで引き。このアニメ人が吹っ飛びすぎ。


■2/20:第44話「運命の分かれ道!デュエルを捨てた遊馬!」
アストラルとハルト、ナンバーズを巡って板ばさみになりそしてVから父一馬の生存をきかされて動揺した遊馬は逃避しようとしたものの、六十郎に負かされいさめられ自分の使命を再自覚する回。

小鳥ちゃんとオービタルコンビかわいい。勝ったのにナンバーズ奪えないとかズルい。Ⅳが「覚えておけ!俺達が受けた倍の苦痛をお前に返して…なっ、なんだ…ぐっ!」と、捨て台詞すら最後まで言わせてもらえず強制退場させられて爆笑。最後まで言わせてあげて。Vが昏睡状態になったハルトを返却し、一馬がアストラル世界で生きていることを告げる。カイトの師のようだけど… カーチャンはもう死んでいるのだろうか。躁みたいな状態になった遊馬。スタッフ大好きミラフォ。絵札の三銃士から《アルカナナイト・ジョーカー》召喚って、懐かしカードに加えて遊戯王Rのオリジナルモンスターが初のアニメ登場なので若干テンションが上がった。フェイカー100年くらい生きてそうとか何者なんだこの爺。今回ロンパリ目。「ライバルを捨て、友を捨て、家族を、そしてお前の相棒さえ捨ててな。 お前の相棒も きっとそう思っておる」といさめられ、またWDC参加が父探しの鍵であると考え決意を固めるのがいいなーⅢに病みの兆しが…2人でデッキ構築は和む。


■2/27:第45話「遅れてきた強敵!ロビンVSゴーシュ」
WDC予選終了間近でハートピース残り1個が入手できず焦る遊馬と一方、運営を退き自分も参戦することにしたゴーシュがロビンとデュエルし勝利する回。

互いにいいとこまで進んで、どっちが勝ってもおかしくない回だったのですが、女子にキャーキャー言われるロビンに対して全く黄色い声が飛び交ってこないゴーシュさんをなんとなく応援してしまいました。どっちかってと野太い声が飛び交ってそうだよね。ドロワという嫁がいますが。ドロワねーさんクールでスタイルがエロくて好きです。ロボに対して攻撃力上昇したヒロイックモンスターで撃破。負けてもさわやかなロビン。エスパーロビンファンでちょっと興奮気味のアストラルかわいい。


■3/5:第46話「家族のために…優しき復讐者・Ⅲ!!」
ナンバーズの邪念に影響されたシャークは戦う遊馬の必死の訴えでデュエルは中断、遊馬の家族の姿を直に触れたⅢは遊馬に挑戦する回。

シャークが何もしないで姿を見せるだけの回があると、数話後にシャークの活躍回が出るという「チラシャーク」の法則なるものが提唱されていたのですが、法則は本当だった。デュエルとは相手のことをもっと知ることができる、絆を深めることができるものであり、絶対に復讐の道具であってはいけないという遊馬の信念がいいなと思う。けど今回はナンバーズ同士の決闘であり、殆ど戦意のない遊馬の戦い方ではアストラルが死ぬ危険もあってヒヤヒヤ。キャットちゃんに引き続きまたも不法侵入される遊馬の部屋。なんだか、女だけでなく男にもモテモテすぎる。シャークさんに至っては、放置プレイの上カイトとの浮気現場(…)を見られて好感度が下がってしまっていたかのよーだった…腹の音台無し!敵とは思えない程、一緒に食事するむつまじさ。この家族の姿というのが、Ⅲにとっては自分のかつての家族のありようを思い出させ家族を取り戻すために遊馬と戦うことを決意させたようで。回想のⅢはどう見ても女の子。Ⅳが綺麗なⅣ…!でも中身はクソガキ。確かに天野河リュウセイにくりそつ。犬でかい。トロンは父親なのだろうか。家族の笑顔を取り戻す、の台詞で満面の笑顔のⅣさんのカットは卑怯。おまけでわざわざ新規描き下ろしでホームズコスプレしてボケるアストラルさんかわいい。


■3/12:第47話「遊馬が棄権!?奪われた「かっとビング!」」
トロンに新たな力を与えられたⅢが聖闘士コスプレして遊馬から「かっとビング」を奪いアストラルを磔にして追い詰める回。

お気に入りモンスターをゴキボキ丸めて砲弾にしたり、頬を紅潮させて泣き笑いして「うざいんだよ!目障りなんだよ!君のいちいちが!」など発言した後にコスプレ…おとなしい子程爆ぜた時の反動が大きいと言うしね…主人公のレイープ目…制作発表当初、「かっとビング」に困惑した一人ですが「かっとビング」が遊馬にとっていかに大事なものなのかを再認識した回。いわば、未知や強敵に挑戦する気概なのだからそれがないifの記憶に改竄された遊馬はただの臆病な少年に…って僕!? 誰も見向きもしない、小鳥ちゃんは唯一見捨てないでくれてるけど実際程親しくならずに「九十九くん」と他人扱いなのが地味にこたえる。非リア充描写は他人事とは思えないから妙に精神的ダメージが。緊縛大好きアニメスタッフ。アストラルヒロイン。あとガガガ先輩の目が充血してたのには噴いた。


■3/19:第48話「アストラル、死す…!?」
決闘もままならない遊馬にアストラルは遊馬に力を残しⅢにより消滅するが、遊馬はかっとビングを取り戻しそしてⅢがアトランタルを召喚する回。

中々超展開。このサブタイトルはアニメ遊戯王DMの城之内vs闇マリク戦で杏子がしでかした伝説のネタバレ予告を彷彿とさせる。っても、本当に死んだわけではないのは確実なのでそこまで動揺はしなかったです。むしろキャットちゃんの悲鳴が、顔と画伯の演技もあってびびった。画伯が演じる女にまともな女がいない(ドMストーカー、ヒステリックアラサー)サレンダーを考える程ヘタレと化した遊馬と、さながらⅣくりそつのドS外道顔芸と化したⅢ…だれおま。ARデュエル超危険っ!ソリッドビジョンより派手な演出ができるメリットは大きいけど、通行人とか消したりして通行人や車、障害物とかにぶつかりそうとか心配してたのですが建設途中の道路から落ちそうになるとか…鉄男性格イケメン。そして皇の鍵で一馬登場…!?皇の鍵はアストラル世界とつながってんのか。
アストラルが消えても決して憎しみに囚われない遊馬△ ここまでまっすぐだと、いつか闇落ちしないかと心配になる。「行くぜアストラル!お前とともに戦ってきた記憶が俺の肉だ 俺の血だ!」という台詞が熱すぎる。アストラルの残したかっとビング=希望の炎。そして《アトランタル》登場…でっか!そして山!バハムート・ラグーンというゲームに出てくる拠点に似ているという意見を見かけたのですが、これはまんま…!
▼唐味茶屋:なんかアトランタルってブラッドオブバハムートに居ましたよね


■3/26:第49話「激闘の果て!ホープレイVSアトランタル」
Ⅲの紋章の力が世界滅亡レベルに暴走する中、遊馬はⅢから力を受け取りアストラル復活、そしてホープレイの新技でアトランタルを撃破してナンバーズを入手し、Ⅲは眠りに就く…

1年目のクライマックス回。カードゲームで世界がヤバい。まあ遊戯王にはよくある事。景色が、足場すら崩壊して落下しながら決闘続行するシーンで小鳥ちゃんのパンツが見えてる!恋人つなぎで力を流しこむ…やっぱり電撃大好きアニメスタッフ。この瞬間アストラルさんが戻る。消滅していた間どこにいたのか。復活しての「勝つぞ、遊馬」は胸熱。《ZW-不死鳥弩弓》で撃破するシーンすげえな。ゼアル人を見ても、目の前で人がフラグらしき発言を残して消えても動じないナンバーズクラブ…遊馬はⅢにとって最初で最後の友達と言い残して、ハートピースの最後のひとかけらとナンバーズを残して姿を消す。Ⅲ…死んだの?さすがに、ハルトと同様力を使い切って昏睡と思うが。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/251-85c64a1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。