スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【荒川弘】三国志魂上・下巻感想 


三国志魂 上三国志魂 上
(2012/03/28)
荒川弘、杜康潤 他

商品詳細を見る

三国志魂 下三国志魂 下
(2012/03/28)
荒川弘、杜康潤 他

商品詳細を見る


姉が三国志魂をフラゲしてくれました。
DSC_0389.jpg

最初、昔やってたという三国志の同人活動や、ゲーム雑誌とかに寄稿していた4コマ漫画を単行本化したものかなと思ってたのですがほぼ書き下ろしっぽい。いつの間に。三国志を読んだことのあるファン向けと思いきや、子供の頃人形劇三国志で出会った思い出を元に「当時の自分に見せてやりたい本を作っちゃいました!」とのコメント通り、私のような初心者/素人でも楽しめる本だなと思いました。

DSC_0384.jpg

荒川先生がパロディ4コマを、杜康先生が文章を書いて三国志の内容を全120回に分けてトークするという内容なのですが本当に濃かった。1回2pで右側にはあらすじ、印象的なエピソードやツッコミのトーク、人物紹介、用語解説、その回初登場の人物一覧を、左側には4コマ「お悔やみ」(退場者)という構成。表紙はデフォルメ絵ですが、真面目に描いた絵もあってそれがイケメン・・・!曹操と孔明がイケメンすぎる。劉備はカワイイ系絵なのですが4コマでは「福耳」「腕が長い」という身体的特徴が格好のいじりネタにされている気がするwあと120人以上を描き分ける脅威の描き分け能力と熱意がスゴイ・・・明らかに女よりオッサンの方が描き分けられてる
人物が多くても、こういう風に登場人物をイラストつきで紹介してくれると視覚的にも理解しやすくてありがたい。

DSC_0386.jpg

銀の匙はしょっちゅう休載していたのですが、今思えば出産以外にもこういう三国志魂を描く仕事があったからなのかなと。本来は1冊の予定ががんばりすぎて2冊に、杜康さんとのトークは実に40時間以上(!)、でも今度は風俗に焦点を当てた次回作を出す気満々・・・頭が下がります

大量に描いてる牛さんもすごいのですが、杜康さんもかなりすごい。坊主DAYSで、三国志好きが高じて中国に留学したこともあった、と語られているのですが参考文献の数が中国語で出版されたのも含め30冊近くある。考証もやりつつ文章を書いているみたいで、「北京図書館に一か月籠るくらいで大丈夫!だと思うんですけど(笑)」と、かなり本格的な姿勢っぽい・・・?トークも時に演義と正史の違いを牛さんに教えつつ、という感じだし、相当好きすぎて知識もあるんだろうなと思いました。コーエーで出ていた歴史投稿雑誌が出会いのきっかけであり、今回の本出版のきっかけかー


あまりにも濃すぎてなかなか読み進まないのでちまちま読み進めます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/239-34faaefb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。