スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】銀の匙がマンガ大賞受賞+拍手レス 

まだ2巻しか出てないのですが銀の匙が書店員が選ぶ漫画やブクログ大賞に続きマンガ大賞に。

当初、百姓貴族とかぶるネタも多かったりたまに説教くさかったり展開がベタで予定調和・意外性がなかったりすることから、評価は「安定して面白いけど良作止まり」になるかなと思っていたのですが、気づけばプッシュも売り上げも反響もヒットクラス。

でもよく考えてみれば「安定して面白い」漫画、という時点で難問だし、ネームバリューだけでなんとかなるものではなかった。ネムバリュがあっても話に関与してない獣神とかはあまり話題に上ってないし。一時代を築いたヒット漫画家の次回作が打ち切られたり一発屋として去ったり、それを回避する方法が「漫画に関しては筆を置く」だったりする。

鋼の錬金術師レベルに大ヒットした後の次回作という時点でプレッシャーはスゴい筈なのに鋼じゃなく銀の匙という作品として、堅実に描いてきたというのは凄いなぁと思います。

あくまでも共に違うモチーフを取り上げた位置作品、という扱いのようですが、鋼の錬金術師では語られていない牛さんの信念が表れてるような気がして読み続けたくなる漫画です。
悩めるボーイ八軒も読者と等身大で読者
目線のキャラなのもポイント高し。

農業高校出身でない身としては、トリビアだったり鋼と百姓貴族の疑問点か解消したりして新鮮なのですが、酪農従事者にも支持を得たりと、またも「幅広い層にウケる漫画に仕上がっている」のが高評価の理由な気がします。世代が老若男女バランスよく分散している。


マギと共にサンデーの看板漫画になってドラマ化しそう。なんとなくアニメというよりはドラマ化なイメージ。キャスティングは思い付かないけれど。


追記にて拍手レス。

>ゆきおの姉さんさん
8巻は出雲ちゃんだと思っていたのでビックリです。当初京都編終了後にコミカルな短編が続くのかなと思ってましたが、コミカル要素は番外編にうつして本編はシリアス展開のまま出雲編に入ったりして…?とか思ったりしました。もし出雲ちゃんの実家が名前通り島根とかだったら、京都からなら近くて出雲編に入りやすいかも。CMの「恨み」には笑っちゃいました。なんだかんだでアニメスタッフにはひいきにされているキャラだと思います。作画的にも

雪男には是非幸せになってもらわないと!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/234-50967971

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。