スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京喰種】2巻感想 


東京喰種トーキョーグール 2 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/03/19)
石田 スイ

商品詳細を見る

東京喰種2巻を購入しました。

↓2巻登場の新キャラの皆さん
2巻

人を喰う怪人である喰種が人に紛れて生きる東京で主人公カネキがとある事情により元人間の喰種となってしまう。人間としての生活を維持するために、そして果たして喰種が人を喰う残忍な怪物なのかそれとも違うのかを判断するために、喰種の世界をもっと知るべく「あんてい」くのメンバーを中心に喰種の世界へと踏み込んでいく…というのが1巻の内容でした。

2巻では新キャラも登場しました。あんていくの幹部ヨモさんや、見た目はキレているが温厚な新宿喰種ウタさんなどもそうですが特に重要なのはヒナミ、亜門、真戸。後者の2人は喰種捜査官という喰種にとって天敵のような存在で、通称白鳩(ハト)と呼ばれ、喰種に対する専門知識と格闘技術、クインケと呼ばれる特殊な道具などを駆使して喰種を始末する。割とイケメンで熱いエリート正義漢・亜門と、見た目は変人で中身も残忍だが実力の高い真戸の2人は、ヒナミ親子を追っていて結果ヒナミは目の前で母親を殺され孤児になってしまいます。

人と関わることに楽しさを見出し肉親の死を悲しむなど喰種の殆ど人間と変わらない面や、喰種に人間が狩られる世界において自分たちの正義のために喰種を狩る人間の両サイドについて掘り下げられているのがこの巻だと思います。
特にヒナミの日記にはホロリ。
また、人間のフリをするために受け付けない食べ物を食べる練習、あんていくでは直接殺さずに済ましたい場合に自殺者の死体を「食糧調達」するなど、喰種の世界でも様々な工夫がなされているなーと思います。自殺者の死体を前に合掌する四方の姿など、なんの因果か人を喰う存在として生まれただけで人格は普通の人間と全く変わらないのだと思わされます。そして意外とあまり拒絶せず喰種側に感情移入しているカネキ。順応早いね。

喰種には身元を隠すためマスクが必要でカネキがマスクデビューしました。威圧感があってカッコええのう。
トーカの私服姿はどれもかわええ。毎回違う服で出るのが楽しみになる。基本的にカネキに冷たいというかドSなトーカですが、この巻からデレを見せ始めます。

【台詞】
◆ウタ
「…ぼくらが人間社会に溶け込むのなんて言っちゃえば
"終わりの ない綱渡り"みたいなもんでさ…
毎分毎秒進むか堕ちるかのギリギリで…
足がもつれたら眼下の奈落へ真っ逆さま…
渡ってきた距離なんか関係なしにその瞬間すべてがパアになる…」

◆カネキ
「だから僕はちゃんと自分の目で見てからどうするか決めます!」

・・・冷たい皮の質感と普段と逆側の目から覗く世界は不思議と僕の気分を高揚させた―



おまけ。表紙裏はトーカがお面に使ってる「カチカチ」なる兎のマスコットなのですが、カチカチ山ってことか。
なぜか好物でウサギが太字。嫌いなものも追加。前回のおまけ漫画は、メインキャラを差し置いて西尾に瞬殺されたモブ・吉田カズオ回でしたが、今回もカズオが輝いてました。爆笑した。生真面目すぎてスイーツも詳細に調べて読み上げちゃう亜門や、スカトロ西尾、大仏マスクカネキとかこういうの面白いな。ちなみに冒頭で捜査官2人が登場するシーンは丸1ページ書き下ろしだった。ラフ絵もいろいろあるのですが、ウタのは一瞬女装しているのかと思って焦った笑

以下詳細感想。

第11話「仮面」 ヒナミ親子と捜査官が20区に現れる
第12話「任務」 マスク制作以来と「食糧調達」
第13話「白鳩」 リョーコがクロと白鳩にバレる
第14話「驟雨」 ヒナミ親子に捜査官接近
第15話「母娘」 ヒナミを庇いリョーコ死亡
第16話「幽囚」 悲しむ一同
第17話「兎面」 捜査官vsトーカ
第18話「未開」 カネキの決意
第19話「地下」 ドSトーカそしてマスク完成

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/232-e27dc143

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。