スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆【銀匙】第33話秋の巻② 

2012/3/14発売分サンデー感想。

以下サンデーネタバレにつき続きにて。

◆銀の匙第32話秋の巻②
駒場とアキと微妙な関係のまま、エゾノー祭準備に突入するの巻。

アキの涙…駒場の態度…答えの出ない悩みに、八軒は勉強に逃げるが…

二人の距離は、近くて遠い?


話しかけてみるもののスルーされてるのが泣ける。馬術部で新部長をいじる前部長。大川ってそんなキャラだったの!?アキの注意力が散漫になっていて馬が脱走したりする様…あんま表情に出さないけどこういうのはどうしても表れちゃうのね…

「あ、うん。八君に関係無い事。」と平然とした顔で言うのきつっ

今度は駒場を吐かせようと、トイレ…放尿音やめいw
微妙に溝がある状態のまま続くのですがエゾノー祭なるものがあって、案出しを行う場面で終わります。百姓貴族で自分たちが育てた家畜や作物で商品を作って売ってる描写があったので、そんな感じになるのかなと。

悩んでいても、迷っていも、時間はちゃんと過ぎていく。エゾノーの秋は、盛りだくさんなのです!

【学生時代ときいて思い出すもの】
部活と労働。あと卒業式後の解放感。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/229-192d513b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。