スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銀匙】第32話秋の巻① 

2012/3/7発売分サンデー感想。
2012/4/18に単行本3巻が発売されるそうで楽しみ。

以下サンデーネタバレにつき続きにて。

◆銀の匙 第32話秋の巻①
代替わりで馬術部副部長に指名される、そして八軒には教えてくれないアキの涙の理由の巻。

天高く馬肥ゆる―実りの秋編、開幕です。
カラーはエゾノー1年酪農組メンバーが揃って、世紀末覇者馬の牽く収穫物カーに載ってる絵。青インクの線ががいい味出してます。

うなる剛球!しなる剛腕!!・・・酪農青春グラフィティです!!!
駒場の鬼気迫る練習風景を見て監督が「殺気放っとる。」とコメントしてるのがなんか後の描写と合わせると意味深!
秋ということでいよいよ3年の引退が迫り、八軒ら馬術部は先輩大川の大会ビデオを観賞しその後引き継ぎになるのですが副部長に指名されたのはなんとアキでなく八軒!
良くも悪くも正直でわかりやすいというのが指名した理由。依田くん、あんまひねくれてるようには見えないんですが。

「そういう所が信用できるっつーか!
みんななんかあったらおまえなら話しやすいだろ!」


一方アキについては
「あの子、技術もあるし素直なんだけどなんつーのかな・・・
素直なわりに他人に対してあと一歩を踏みこませない感じ・・・あるでしょ?」


なるほどー確かに部長や副部長とかに求められるのは責任感もそうだけど、なにか問題や疑問点があった時にメンバーが安心して上に相談できるようなもの。そういう点では八軒は、一人ひとりの意見をきいて親身に対応してくれそうな感じはするなぁ。そんな八軒の通称は「断ない男」、いや「断ない男」w 

引き継ぎ終了後は品評会に向けて鼻の下をのばしながら牛の手入れをするホル部に遭遇・・・「牛のエロ本」に噴きました。美牛って、背中がまっすぐなことが求められるのか。それに対して「ごまかす」とまたしても率直な感想を返してしまったがために、メイクアップと修正される八軒、やっぱり正直すぎる男。見栄はってもすぐバレるという言葉に思いをめぐらしていた所に、カーチャンからメール。なんとあの強面の親父殿がちゃんと食べてくれて「おいしい」と言ってくれたとのこと!
やっぱりトーチャンも私が思っていたよりはもう少し普通の人なのか?

ちょっと勝ち誇った顔して寮に帰ってみたのは、駒場と話している涙目のアキちゃん!2人にきいても何にも教えてもらえない。もやもや。

少女の涙は、少年を惑わせる・・・なんでもないわけじゃない(こっち[八軒]が!!)もやもやを抱えたまま、次号!

【荒川先生コメント:落ち込んだ時の立ち直り方】
寝ます。


+++++++++++++++++++++++++++++++++

というわけでちょっと波乱を予感させる、秋編第1話でした、秋なだけにアキに焦点を当てた話になりそう。ついに三角関係か・・・!?
冒頭の殺気立ってる駒場といい、駒場のカーチャンが体調を崩してしまって、野球を断念せざるを得ないとかそういう展開なんだろうかと思ったり。アキは家を継ぐために乗馬の騎手になりたいという自分の夢を諦めようと思っているのですが、駒場が諦めるときいて自分の気持ちも整理がつかないまま動揺してしまって涙を流してしまったという。

10月に馬術部1年のデビュー戦があるとのことですが、八軒の活躍も見られそうで期待。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/226-a6847d74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。