スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銀匙】第27話夏の巻⑰ 

2012/1/25発売分感想。

以下ネタバレにつき続きにて。

◆銀の匙 第27話夏の巻⑰肉となった豚丼をみんなで食べるの巻。

段ボール箱ひと箱、51kg、2万5000円程度の肉となった豚丼。常盤いわく女子一人分とのことです…wさすがに自分で屠殺、ということにはならなかったので、生きていてなついていた豚が見慣れた豚肉になって帰ってきたのであまり実感が感じられないかも。
「……はは… ちっちゃくなっちゃったなぁ…」

このセリフがいいな。って本当に豚丼にされた!!肉の方が多い豚丼、山盛り。鼻をすすりつつ合掌して「いただきます!」との声と共に皆でかっこむのですが、あまり悲壮感は感じないです。いい食いっぷり。

先生に「金持ってると女にモテるが、肉持ってると男にモテる。」と言われました。アッー!
飢えた男共(特に運動部)に目を付けられ、肉を奪われパスパスと持っていかれる様を想像する八軒。鋼の錬金術師の4コマでもあった、飛んでみろネタがまたしても…w

それでもまだまだ残った50kgは、八軒一人でベーコンに加工。(稲田先輩の指示も受けつつ) ベーコン加工って結構大変そうなんだな。手もボロボロになってアキちゃんに湿布をもらって喜ぶ八軒ですが、実は馬は湿布の匂いを嫌うために天然素材の貼り薬を渡したという理由でした。アキちゃん謎の女。吉野と八軒がデキてる!?という噂が立った時動揺した素振りがあったものの、その後はさらりとした態度です。でも馬に乗ってる姿はかっこいい。

1週間後、燻製作業に入るのですが燻製作業中の肉が焼ける匂いに反応する一同。駒場は「葬式みたいだな。」と発言。確かに豚丼の葬式のようなものには違いないのですが「いや…なんか、親父の葬式を思い出した。」駒場は父親の葬式を思い出したとか。うん、食べるという行為も死と向き合うことだと思う。
「おいしく頂くのが供養になるとか、そういうのは人間のエゴだろ!」ってセリフも深い。

またも吉野ちゃんが中島先生をゆすった!!本人いわく一度スモークチーズを作ってみたかったとのことですが、顔に似合わず腹黒い子です。くん玉も作ろうと、やっぱり話が大きくなるのでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

面白いっすよねー

Re: タイトルなし

>停車男さん

コメントありがとうございます。いろいろ考えさせられる漫画だと思います

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/194-483aa136

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。