スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】高橋和希 遊☆戯☆王イラスト集 DUEL ART感想 


DUEL ART 高橋和希 遊戯王イラスト集 (Vジャンプスペシャルブック)DUEL ART 高橋和希 遊戯王イラスト集 (Vジャンプスペシャルブック)
(2011/12/16)
高橋 和希

商品詳細を見る

ついに本日発売!!!

DSC_0060_convert_20111216203111.jpg

表紙は表が表遊戯、裏が闇遊戯で黒と、光と闇。闇遊戯がカメラ目線じゃない!

とにかく「SUGEEEEEEE!」の一言につきます。

是非イラスト集を、と思い続けてきた遊戯王ファンにとっては興奮さめやらぬ一冊です。
構成は「魔物」「未来」「対偶」「魂」「記憶」「原型」「起源」「創造」。
人気漫画でカラーも多く、連載期間のイラストだけでも画集ができる量であるにも関わらず、驚くことに連載終了後の描いたイラストの方が多い、というイラスト集になっていました。
連載期間のイラストは「起源」でまとめられてました。(「原型」はラフ画、「創造」はインタビュー)
連載終了後のイラストは65点。文庫版表紙やカードイラストは勿論掲載しているのですが、STUDIO DICEでweb公開しているイラスト以外にも全く見たことのなかった新規の描き下ろしが多かったのが驚きと同時に感激しました。どこにも公開していない、画集初公開の完全描き下ろしイラストだけでも10点ある件!STUDIO DICEでのイラスト追加が少なくなったのは、画集に載せてびっくりさせるためだったかもしれません。
これがヤバい!デュエリスト集合のが特にテンションが上がりました。日常の絵もホロリと。しかし、web公開していたイラストも「2011年12月16日 DUEL ART 収録イラスト」扱いになっているのは謎。「web公開」なら分かるんだがなぁ。

難を示すなら、連載時代のイラスト収録が少ないことだろうか。15ページのみ、小さくまとめるように単行本全38巻のうちイラスト集に収録されたカバーイラストは9冊分のみを収録。個人的には、ジャンプ表紙やザ・ヴァリュアブルブックの表紙イラストも収録して欲しかったのでそれらが収録されなかったのは残念。

これに関しては、高橋和希先生による解説ページでも連載期間のイラストはバッサリ省略してコメントがないので、絵柄が変わった現在としては、昔の絵を収録したり見返すのは気恥かしいところがあるのだろうかと。
インタビューでも、この時期は時間やスキルの都合上からハレーションが表現できなかったと言っていたので。
それでも連載最終回の冥界に還るアテムのイラストは見開きで収録して欲しかったな、と思う。

しかし全体として見れば、その残念さも些細な位圧倒的です。連載終了後も絵が進化していって、遊戯王の世界は広がっていってるのが凄いなと。


以下詳細感想。

◆魔物(モンスターイラスト)
・レッドアイズやブルーアイズの絵がかっこいい。マジマジ・マジシャン・ギャルは、BMGがガールからギャルへと成長したキャラだろうか。
・師匠のブラック・マジシャンとセットになってますが、体のラインエロすぎ。師匠はムッキリ化。
・遊戯のデッキのモンスターイラストも好きです。ガンドラかっこいい。マシュマロンぽよぽよしたい。でも意外と歯が鋭いんだよなぁ。


・オシリスの天空竜。
カッコ良すぎて痺れる
いやほんとマジで。かなり新しい方の絵なので、今まで描いた絵の中でも一番迫力があるのでは。しかも作画講座も載ってるとか。
絵はカッコいいのに背景が白(パールホワイト)だったオベリスクや、効果が弱体化していて不評だった2枚を乗り越えて、絵柄も効果も文句なしのカードに。
効果も原作再現度が高く素晴らしい。
もうドジリスなんて言わせない!
劇中では勝てたのが闇獏良一人のみ、あとは負けっぱなしの負け大将だったなんて信じられない程の迫力。
webで公開されていたホルアクティ…ふつくしい…こちらは、券を集めて抽選で当たるのですが、早速購入者が買い占めているようで。

◆未来(後継アニメ関係)
・アニメ塗りの絵は別の人が描いているのかと思っていたら、高橋先生本人が描いてるのか!現在Painterで油絵タッチで描いているのですが、アニメ塗りもできるのかー遊戯の髪は他の人が描くと広がりすぎになる傾向があるのですがこの絵にはそれがないし、鼻のリアルさとか高橋先生の絵だ。
・ユベルのヤンデレっぷりを如実に語る描き下ろしイラスト。しかしヤンデレというより、慈しみのような愛。ユベルは少年っぽいような女性っぽいようなキャラなのですが、この絵だと成人女性のようだ。

実を言うと、私はGXや5D's、ZEXALなど遊戯王の後継アニメには複雑な思いがあったのです。
遊戯王の連載を終え、遊戯王とは全く関係のない次の創作に手がけたくても、遊戯王の後継が続く限り、そういう創作に手掛ける時間がなくなるのではないかと。そのことがストレスや心的負担になっていたらイヤだなぁと。
でもイラスト集を見る限り、後継作品も自分の作品のように大事にしていることが分かってほっとしました。本当にプロですね。

◆対偶(キャラクターの二面性)



・ちょ、表獏良と闇獏良とゾークの絵の不意打ちさ加減が!構図も色合いもかっこいい。オシリスもそうですが、連載終了後一気に進化しただけでなく、まだまだ進化してってません?と。
・文庫版11巻の師弟、ムッキリムッチリ。
・web公開だった表マリクと闇マリクも収録。ヘソ出しはアニメからの逆輸入?

◆魂(決闘者)
・文庫版17巻の顔芸闇マリクについて、高橋先生が「狂気というより変顔」とコメントしてて噴いた。
・12巻の海馬とオベリスク、修正されとる!やはり先生もあの絵は心残りがあったのだろうか。こちらの方がカッコいいです。
・またも描き下ろし!遊戯と杏子…表遊戯も結構スケベ少年なのです。童実野ランドと爆弾魔の時の水着杏子もゲロマブ!だった。

◆記憶(物語に関わる絵)
・横断歩道の絵が好きです。「それぞれが目的場所を探しているのは、17歳あたりの心情なのかなと」おお、そんな深い意味があるのか!
・DEATH-Tのモクバの顔がホラー。
・文庫版2巻イラストが最初のデジタル絵で、それ以降デジタル塗りに一気にハマったそうですが、最終回でいきなり絵柄が変わっていたので、自分の理想の絵のイメージができていた頃に、ピッタリの道具を得たという印象です。
・文庫版9巻のペガサスの顔がリアルタッチでいい。19巻のアクナディン爺さんといい、元々リアル寄りのキャラのリアルさが増してるかも。
ここでも闇マリクとイシズの描き下ろし。この二人の組み合わせが結構おお・・・い・・・?
文庫版18巻の千年パズルの上に皆集合絵、ホントだ!海馬だけ千年パズル(=結束)の外にいる!
この絵、さりげなく静香に千年リングを見せつけるなど獏良の電波っぷりが伺えます。
・盗賊王とディアバウンドの絵がかっこいい。

・ここでも描き下ろしのバトル・シティの8人の決闘者のイラストが!ファンへの感謝の気持ちをこめた入魂のイラストだそうで。荒ぶったテンションを鎮めるのに苦労しました。影の加減がほんといいなぁ。闇マリクの顔が若干表マリク寄りかも。舞の顔は文庫版の時より連載版に近いですね。
・文庫版22巻のアテムの笑顔は何度見ても涙腺にくる。
・またも描き下ろし、今度は仲間でスペースバーガーでわきあいあいする絵。これまた懐かしい感じの!「店内カードゲーム禁止」と注意されててニヤリ。そして獏良はまたしてもハブ。なんともいえない表情をしとります。鳥巻きのファンクラブの女子とか、これまた懐かしい。御伽から離れて獏良に戻ったのだろうか。…が、解説によればアテムが去った後の日常とのことで、しんみり。

◆原型(ラフ絵)
・高橋先生の鉛筆線は独特だよなー、と思っていたら闇マリクで噴きだしてしまった。何度見ても噴いてしまうのですがどうしてくれる。まがまがしい。
・ダークシグナーの部下の子のコメントに噴いた。Sに見えて実はドMて。カーリー渚の元型っぽい。
・ラフ画、遊戯王と後継アニメの設定のラフ画が多いのですが、実際はモンスターとかまだまだ大量にあるのかと思うと凄い話だ。

◆起源(連載中の絵)
・時系列でなく、連載終了後数年後の絵を最初に持ってきたせいか、不思議な感覚に囚われる。連載中はかなり鮮やかな色を使ってたんだなーと。ラクダに載ってる扉絵やシャーディーの扉絵とかも見たかったのでちょい残念かも。やっぱり構図がかっこいい。懐かしい。

◆創造(作画方法解説とインタビュー)
・オシリスと、二人の遊戯の絵で解説。完成版では口が隠れてるのですが、ラフでは「こんな表情をしていたかもしれない」絵も見れる。

・インタビューでは子供の頃に描いた同人誌も登場!やはり魔太郎が影響与えてるのか。三つ目は?
・モンスターなネーム段階では決めてないというのですが、短時間でデザインしてしまうのが凄い。
「僕は自分のことを漫画家よりもデザイナーだと思ってるんです。漫画を描いている時だって、漫画のコマ割をひとつのデザインとしてとらえています。」この台詞にちょっとさみしさを覚えたり。絵もそうだけど、高橋先生の漫画も好きだから、漫画ももっと読んでみたいなと。そういえばBUTTON!、サイト改装時に消されたのですが、アニメ化orコミック化に変更、とかだったらいいなと。
・コマ割は落ち着いている時は通常のコマ割、心理が不安になると斜めなど不安定な形にするというのは、また読み返してみたくなった。
・塗り方について、昔のは薄い色から(光から闇へ)、今は濃い色から(闇から光へ)と表現してるのが面白いな~遊戯王を描いてた人だからこそのコメントって感じで。
・5D'sのダークシグナー編は、大昔に持ち込みしてボツになった読み切りが下敷きになってるのか。後継アニメの制作に関わることで、こういうのが実現するのはいいな。

コメントも、「さらに、画力が上達するよう、これからも絵を描いていきたいと思います。」と、今後も継続して描くことを強調していたりと、描く満々で凄いと思いました。


大満足の一冊!

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

画集のモンスター絵でオリカ作りたいなぁ~って思っててまだ画集買ってない者です。

魔物の項って何ページ位ですか?
1ページに一匹のモンスターですか?

通りすがりさん

はい、1ページにつき1体でした。連載終了後に描いたモンスターイラストが18ページ載ってます。OCGの絵をそのまま掲載ているのは15体です。あとは連載中のカラーイラストと後継アニメのモンスターラフ画掲載くらいですね。

買おうか迷っているものですが

1枚でもいいのですが続編のGX等のイラストも収録されているのでしょうか?
とても気になります。

つがるさん

コメントが遅くなり申し訳ありません。
後継アニメのGXや5D’s、ZEXALのイラストもラフ・カラー共に、かなり収録されてました。油絵タッチとアニメ塗り両方あります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/177-3c27d9f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。