スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】テルマエ・ロマエⅣ巻の限定版を購入 


テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)
(2011/12/22)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る

こちらは通常版ですが。

ティンティナブラム付き限定版は1200円。ティンティナブラム単体で700円は高い気もしますが、テルロマアンケで「欲しいグッズは?」の項目でティンティナブラムと書いた身としては欲しかったのです。
472875336.jpg

このちんちんぶらん、もといティンティナブラムは2巻で出て来たローマの魔除けのお守りで、上半身がティンポコそのまんまの形、下半身が獣(しかしおっきしている)という何とも卑猥なものなのですが、なんと銀製のも出ると!25000円ってたけぇ。
帯は映画化やノイタミナ枠でのアニメ化についても書いてあるのですが、水玉にピンク字の帯もセットで表紙だと思ってる身としては帯が違うものになっててちょい残念。

内容感想。軟派男ケイオニウス死亡。(※コメディのためそう描いたのであり、実際はもっと多元的な魅力に富む人物とのこと) 今回、またも日本にタイムスリップするも、どういうわけか戻れないためローマの描写控えめ、日本での描写多目です。そのため、笑いに関しては若干大人しくなってしまった印象です。しかし、「もしラテン語のある人間とルシウスが会い、そして会話できたらどうなるか?」という妄想に応える展開となりました。
IMG_0004_NEW_20111216003305.png

ヒロイン!?小達さつき。幼少期からローマおたくで本の虫でしかも優秀と、間違いなく旦那ベッピ(モーレツ!イタリア家族、イタリア家族風林火山、、それではさっそくbuonappetito!、世界の果てでも漫画描き登場)がモデルであろうキャラです。考古学でなく文献学の方が向いてそうな気がするのですが。
(ベッピも歴史学者と思いきや実は比較文学の学者さんだったりします)

なんとかローマに戻ろうと、ルシウスカンフーをやったりそこかしこの湯に全裸でつかってドン引きされるルシウス。例によって全裸でうろうろ。
今巻最大の爆笑シーン。
IMG_0003_NEW_20111216003304.png

…が、ローマ時代には、神によるものとしてではなく科学的知見からの電気の概念があったんですね。プリニウスの博物誌。属州と思おうと、高い水準の文明を目のあたりにしながらちょっと見下し気味でしたが、いよいよ未来文明であることを認めなければいけない時がくるのかも。

しかしルシウス、完璧主義者だなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/175-47d405ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。