スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銀匙】銀の匙第21話夏の巻⑪ 

2011/11/16発売、サンデー51号。
次号11/23発売の52号は休載で、次回登場は11/30発売の53号の模様。
結構休載多い。

私が住んでいる地域、近場の書店やコンビニでは入荷数も少なかったりすぐ売り切れたりそもそも置いてなかったりするんだよなぁ…
先週はまだ置いてあった方でしたが、今週号は中々見つからず数件ハシゴしての入手。

サンデーネタバレにつき続きにて。


◆銀の匙第21話夏の巻⑪
バイト終了間際で八軒、やらかしてしまう…の巻。

夏の巻は10話で完結には至らず、21・22話にもつれこみそうです。

八軒のバイトも大詰めです!

初物もぎたてのトキビを持ってきた駒場双子、相変わらずかわいい。
北海道は美味の宝庫♡

その場でトウキビを茹でる女衆と、トウキビを焼く男衆、準備早っ  焼きモロコシの絵がうまそうだ。
トウキビは砂糖が入っているかのように甘いんですね。食べてみたい。

しかしなんだろうな、美味いもんが手に入ったら仕事放ったらかして小パーティを開いてしまうこのノリは!
そして美味い物を人に食べてもらう時のこの人たちのわくわく顔といったら…

眼を輝かせている農家一同…

農家の人にとっては消費者に「おいしい」と言って食べてもらうのが嬉しいこと。
なので「これ嫌い」と食べてもらえない時は憤りたくなるんでしょうかね。(百姓貴族ではそのへんキツい)

トウキビのように大抵はとれたてがおいしい、それを食べられるのが現場の特権。実際に農業に携わる人間にとっての特権すなぁ。でないと大変すぎる。

牛乳の小屋でアキ爺と会話。搾りたて牛乳の話は今年のWINGSに載った百姓貴族でもやってたなー
結構使いまわし率が高い。

一旦断るものの、酪農家に関しては禁じられてなくて自己責任、この場合八軒が勝手に飲んでも知らねーとか言いながらわざとらしく出ていくじーちゃん。
「俺が見てない所でこっそり飲んでも責任持たねーぞ?」と言う顔は例のわくわく顔www

どきどきしながら一人飲んでみる八軒、ダッシュでアキ爺の元に駆けつけ五体投地。

ただし、今回の「おいしい」の表現は具体的な言葉での表現がないので少々わかりにくいかも。百姓貴族はもうちょっとわかりやすい。兄弟揃って味覚がいいことについて、八軒は遺伝だと思うがアキ爺は否定。

「いやーそりゃアレだべ、
君らが子供の頃から親がちゃんとしたもの食べさせてくれてたんだべ。」


八軒かーちゃん思いだします。冷凍食品や外食、時には子供にラーメンなどジャンクフードばかり食べさせる親もいる中、八軒母はちゃんと手料理を子供に食べさせるタイプの親だったんだろうな。
いつぞや高校受験ノイローゼになった時も、夕食はいらないという八軒にもおにぎりだけはと作るかーちゃん…

明日が夏休み最終日、ということでアキ父に呼ばれ牛の搾乳を開始する。
バイト代・字通に仕える金を何に使うか楽しみにする八軒。


…が、タンクを見に来たアキが見たものは、ホースが外れ盛大にこぼれている牛乳。

Σウワァァァァァァァ
やってしまったぁぁぁ

いつからはずれてたのかと聞くアキ、八軒は思いだす。

「あ……俺…搾乳始める時に…バルクに…ホースつなぎ忘れた…」

ここつなぎ忘れてたという伏線が欲しかったかも。
直前の場面にじーちゃんと一緒にいたのですが、じーちゃん気付かなかったのでしょうか。

誰も責める様子は全くないんですけどね。でも本人力なく返答し、排水口に流れていく牛乳を見つめる…。

流れたのは500リットル、1リットルあたりの買い取り価格は80円。つまり「俺のミスで4万円をドブに捨てた」。それ以前に諸々の経費を引けば農家の手元に残るのはごくわずかであることに、風呂場で気付く。

風呂上がりにアキ母からバイト代を渡されたものの、こう答えちゃいます。

「あの…これ…俺、受け取れません」


ミスは償わなければならない…いや、償いたい…自己責任という言葉が、八軒にのし掛かる…だから…

【荒川先生コメント:これだけは苦手!というもの】
夏の高湿度は未だに慣れないなー。原稿用紙へろへろになるし。



++++++++++++++++++++++++++++++++


やっちゃいました。

こういう、他人の損失につながる失態だの自己責任だの系の話は胃がキリキリしてきます。

これまでは厳しい言葉を投げかけられつつも努力し、評価されてきただけにこれは痛い。
働いた分、向こうの利益にもつながるわけだからその分のお金をもらうわけですが、自分がやったことで損失をもたらすのだとしたらどうするか?という話で…
八軒は真面目で責任感が強いので、煽り文句も「ミスは償わなければならない…いや、償いたい…」なんだろうなと思います。

アキ一家からすれば、八軒がこの夏いっぱい働いてくれたのに違いないので無理矢理にでも受け取らせようとするのかな。
実際に開けてみたら、損失の分をいくつか差し引いていた、とかそういうのはあるのでしょうか笑

非農家の子でなくバイトである八軒にはちゃんと報酬は渡すが、農家の自分たちは働いてもそれに見合った報酬は必ずしも返ってこないのは常…と諭すオチになりそうです。
百姓貴族でのエピソードを考えると。
農業って自然災害の影響でパーになることも珍しくないし、あるいは上の理不尽な通達で苦労がパーになってしまうことも。

ミスではないのですが、百姓貴族でも大量の牛乳をタンク流し捨てたという話がありました。
牛乳が余って捨てることになり、1カ月分の30tを捨て牛4頭を淘汰と。
(ちなみに牛乳を捨てろと言われたその後、今度は乳製品高騰でまた生産しろ、という理不尽な通達もきたとのことでした)

そういう理不尽な損失に比べれば、真面目に働いた上で失敗した八軒のミスは仕方がない、という展開になりそうです。

アキのひいばーちゃんも何か言ってくれるんでしょうか。

次回アキ一家が何というのか非常に気になります。
その分休載なのがつらい…

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/154-c46be31d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。