スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【荒川弘】創2006年 06月号・荒川弘&久米田康治対談 

創 (つくる) 2006年 06月号 [雑誌]創 (つくる) 2006年 06月号 [雑誌]
(2006/05/06)
不明

商品詳細を見る

前回「創」なる雑誌について少し触れましたが、こちらが久米田康治×荒川弘対談の載っていた「創」。
軽く銀の匙の2巻収録予定分のネタバレを含む記事となっているので注意。

積極的に喋る荒川弘と、いちいち語尾が消え入るように「…」になり終始ネガティブな調子の久米田康治のギャップが面白かった。
ただし荒川弘本人は、行け!!南国アイスホッケー部時代からの久米田康治のファンだったという。
久米田に鋼の錬金術師でネタにされた時は「やった!」と思ったとか。
(そういうネタとかは触れなくてもいいような。ギャグは本人の前でツッコんだり触れちゃらめぇ!な気がする。)
久米田はマスタングがお気に入りだが荒川本人はこの野郎、と思いながら描いていると。確かにマスタングやエンヴィーは荒川弘の性格がエドタイプであることを考えると作者にとってはあまり共感するタイプのキャラではなさそう)
「さよなら絶望先生」のアニメ化にもネガティブで自虐的だった久米田に対しきっとアニメ化する、と太鼓判を押す荒川。当時まだアニメ化してなかったが翌年2007年にアニメ化、大ヒットすることになるので、今思うとちょい感慨深いかも。

ちなみに色紙交換は
・荒川弘→糸色望とペリー
・久米田康二→着物姿のエド、マスタング、ウィンリィ?デン
(デンにキンタマがついてた。デンがメスであることは知らなかった模様…wイラスト集1の巻末あとがきでしかわからない情報なので仕方ないw)


ちなみに久米田康治の漫画・「さよなら絶望先生」がサンデーに、前連載「かってに改蔵」がマガジンに交換出張掲載になったことがありました。
2011/4/27のサンデー22・23合併号に『特別番外編』、さよなら絶望先生26巻に259話「アウェイなる一族」として収録。
サンデーでかってに改蔵を連載後講談社に移籍した身分として、アウェー感を感じると発言w
恒例のテーマ別時事ネタ・漫画パロディで、銀の匙も登場。
「次週『銀の匙』大蝦夷農高(エゾノー)に工業高校からの転校生!! 特技は「金属加工」にご期待下さい!!」

後日、本当に大蝦夷工業高校が登場したので噴いた記憶があります。(第11話 夏の巻⑪参照)

銀の匙2巻掲載分・9~11話感想
(※リンク先記事、銀の匙2巻ネタバレあり注意)
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://niccisacci.blog.fc2.com/tb.php/122-f1c029c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。