スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鋼錬】鋼の錬金術師完結3周年 

◆鋼の錬金術師3周年記念縮小

2010/6/11は、鋼の錬金術師最終話である第108話「旅路の果て」がガンガン7月号に掲載された日です。

そして2012/6/11に3周年を迎えたと。
というわけで、久々のblog更新です。



この絵は【鋼錬】集合絵の線画全体 の線画にペイントとファイアアルパカで着色したものです。
日付見たら2年前やがな…(震え声)
当時は「最悪年明け」と書いていたのですがあの後フォトショの動作不良に加えPCのHDがイカれてフォトショも今まで描いた絵も集めた画像も消滅、という事態になったのでした。
それなりに支部に置いていたのでまあ仕方ないのですが、原寸大の画像は全部消えたのでした。
これが結構尾を引いたのと忙しかったのとで二次創作自体からちょっと離れてblog記事の更新に移行したのでした。
blog更新の方もすっかりご無沙汰になってもーたが。

けれど最近、「有料のお絵描きツールとか使わなくてもペイントで色塗ってファイアアルパカで合成すればなんとかなるんじゃね?」と気付いて使ってみたらこれが肌に合っていて、今や完全にペイントがメインソフトに。
フォトショで色を塗ると、ちょっとにじむ感じになってしまっていたのでその点ペイントは機能がシンプルな分使いやすい。フォトショなんて無用の長物はワイには必要なかったんや!
影付けがマウスなのでけっこう大変。

3年前の当時、ネタバレを避けてドキドキしながら読んでたなー。
アニメと同時完結といった兼ね合いもあってもう少しじっくり描いてほしかったな(脇役含め今まで出てきたオールキャラ登場とか見たかった、お父様の描写に若干不満がある、これはアニメがうまい演出になったが)、とは思う部分もありますがあの最終回は良かった。
アルの「勝てよ 兄さん」からの肉体と魂の再会に続いて、エドが完全に自分たちだけを使って「元の体を取り戻す」というけじめを付けたのがね。
賢者の石は、化石と燃料の比喩が示す通り、使わなくたってその魂は救えるものじゃないし、使っても別にかまわない。
それを使いたくない、というのはエルリック兄弟だけの心理的な理由であり意地。
それでも、あえて賢者の石を使わず自分達が持つ物の中で対価を支払い真理くんの残酷な等価交換の抜け道を突くことができた、というのがいいと思うのね。
エド単体では帰れないだろうけどアルの真理空間と混線しているという設定を使って戻れたといのも。

個人的に気になることといえば真理=プリマ・マテリアの世界=魂が発生し還る場所であるとすれば、自分の真理
の扉を消しちゃその流れからはじき出されちゃうことになるんじゃね?と思ってたっけ。ガイドブックの描写を見る限り「死んだら魂は消滅する」という設定で、真理≠魂の発生と帰還の場所 のようですね。

エルリック兄弟の今後の方針は「ニーナみたく錬金術で苦しむ人間を助けたい」というものですがこれまた難しそうな。ザンパノジェルソら軍の実験被害者やイズミのように真理の扉を開いてもってかれた人間の体を取り戻す方法とか探そうとかいうのか。イズミに関しては罪の証だから~と拒否しそうな気もしたけれど、たとえば戦争に参加して人を殺めた経験があるとか罪の意識がある人間が幸せになりたいと思っちゃいけない、そのままでいるべき、かというとそういうわけでもなくて。ただエルリック兄弟は特例中の特例だから、なんとかできるビジョンがあんま見えないかも…エドなんか特に、錬金術が使えなくなったくせに錬金術の研究を続けようとしてるわけだし。
どの分野にも言えますが、科学なんかは理論と実践の組み合わせが重要でしょう。
机上で理論や仮説を組み立てても実験したり実際に実物に触れてみたら、それが違っていることも証明されてしまう。
エルリック兄弟は人体錬成の失敗でそれを痛感したわけで。
それなのに今度はエドが、自分の手で確かめることができないという致命的な欠陥を抱えたまま錬金術を手放さない、これは科学者として少々危うい。
この点に関しては、理論や仮説のエド、実践や実験のアル、と二人兄弟の身を活かしてうまく補い合ってなんとかなりそうですが。

錬金術を使えなくなってもなお錬金術の研究を続けるというのは一種未練がましい気もしますが、錬金術といっても実際に勉強して錬成陣を描けて物を変化させることができる、という能力自体は必要不可欠というわけでもない。

一番大事なのはその精神であり、「一は全、全は一」の理を失敗以降人々との接触で体感したエドにとっては直接使えなくてもそれが身についている。この点からして、錬金術は否定するべき存在というわけではない。

ましてやウィンリィみたいな一般人だからこそ、等価交換の法則に縛られない無償の愛、ギブアンドテイクの精神が持てるとも証明されてますしね。(それに関してはエドはまだ頭カチカチだからこれから頑張りましょう、ということになるかもしれん)


次はアニメ放映終了/ミロス公開、屍鬼線画色塗り、青祓集合絵、諸星大二郎全作品キャラ総出演絵、遊戯王連載完結10周年絵…とまだまだ描きたいものはいっぱいある!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。