スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青祓】青の祓魔師9巻感想 


青の祓魔師 9 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 9 (ジャンプコミックス)
(2012/09/04)
加藤 和恵

商品詳細を見る

今度こそ出雲・・・と思いきや、シュラでした。
ここ最近グラマラスになりつつあった彼女でしたが、今回の表紙は戻っちまいました。
カバー下・・・26歳が女子高生コスプレ・・・が、学割。その手があったか。

本編は京都編完結回&大王烏賊討伐回を収録。
不浄王討伐。これ自体は殆ど燐のワンマンだったのであっさり終わった印象。雪男は藤堂先生にストーキングされていたので、燐と合流して吹っ切れて皆で一緒に倒すという展開もなし。
雪男と藤堂の因縁絡みではちょっと持て余したような消化不良の感はあった。でもサタンの息子バレ以来京都編の半分近く続いてきた塾生との溝を埋めて「みんなが信じてくれるから」とサタンの炎をコントロールして大敵不浄王を倒す、という主人公の成長イベントになりました。みようによっては、雪男の覚醒フラグや勝呂と伽樓羅の契約・京都支部の動向といった今後に持ち越されそうな不穏なフラグを残したまま無理矢理さわやかにしようとしているともみえるけれど、割とすっきりとした終わり方ともいえると思います。
それにしちゃ、3本のロウソクのうち左右二本にだけ火をつけるどころか広範囲に渡って人についた不浄王の菌糸だけを焼き払うという超絶進化っぷりですが。間がないぞ間が。
京都編終劇では柔造と蝮が夫婦になるという予想より早いびっくりの展開が!
凄まじいデレっぷり。メスの顔だ・・・!蝮たんは非処女!

mamushi_20120904234545.png

大王烏賊討伐は扉絵を下敷きにして、京都編でサタンの力を受け入れることを決意した燐が、未だ兄の炎を認めることができない弟・雪男に対し、「話」をしてちょっと溝が埋まる話。最終的に雪男は「仮に自分が燐を檻に閉じ込めようと燐は自分で檻をこじ開けて助けにくるんだろう」と感じるのですが、その燐も他人の助けがなければ檻から出られないし、弟である雪男もまたしえみ達のように燐を精神的に支えることだってできるという点に気づいたかどうかはさだかではありません。互いに精神的なレベルで支え合うまではまだまだ・・・まさに牛歩の歩み・・・めんどくさいよこの兄弟。結局雪男のサタンの血の覚醒フラグは話さないままになってもうた。本当は不安だけどありのままの自分を認めない限り前へ進めない・たった二人の兄弟だから助け合う、という燐の腹を割った主張を雪男がきき受け止めることができたのは一応前進かも。二人だけではギャーギャー平行線な言い争いになって話が全く進まないめんどくせえ兄弟・奥村兄弟の間を取り持ちして、「話」ができる状態にさせてくれたしえみちゃんは立派にヒロインしてると思います。

齢1500年近いマッコウクジラ型の海神・海人津見彦様など、西洋の悪魔にとどまらない日本の土着の神様も魅力的です。それだけに割とあっさり瞬殺されたのは結構ショックだったぞ・・・ご老体がたたったんだね。

大王烏賊戦は、雪男の狙撃で本体の位置を割り出す→しえみが海坊主に頼んで足場を作らせる→その足場を使って燐がトドメの一撃 とチームワークらしきものを使っていたりと進歩を感じます。周囲の人間はこれまで描かれてきたように燐に一人走りをさせまいとするよりも、燐を主軸に据えたチームワーク戦をもっと提供していった方が悪魔退治としては効果的だと思います。


大王烏賊討伐といえば最大のハイライト(私見)なのが女子の水着。
しえみやシュラといった巨乳女子もいいですが、それ以上に出雲がたまらん。
まろまゆのこの素晴らしき貧乳+ビキニ!!
蔑むような目つきや毒舌も良い。

maromayu.png

++++++++++++++++++++++++++++++++

おまけコーナーは久々に悪魔図鑑更新!一気に10体も。
やっぱり質問・イラストコーナーよりいつもの悪魔図鑑の方が楽しい気がします。
幽霊列車、氣の王アザゼルの眷属かと思いきや新規に名前が出てきた「時の王サマエル」の眷属。メフィストあたりが時の王ではないか、と思ってたから驚きでした。このサマエル、死の天使やエデンの蛇、魔王など大物っぽいけどあまり時の悪魔って感じじゃないですね。ならメフィストは何を司ってるのか。幽霊列車、獲物を餓死させたあげく霊体を喰うとかたちわるいな!ウッチャンはよく伽樓羅と間違えられることからやや人間嫌いだそうですがそれにしては中々親切です。両者の仲はどうなのだろう。そういえば日本の仏教・神道系の悪魔は八侯王の眷属とは全く書かれていませんが、独自のヒエラルキーがあるのかもしれません。火の系列では不動明王が最高位っぽい。
水精のビーチクがエロすぎる。雪男も水精と契約する時や召喚する度に、エロいお姉さん方に囲まれちょっかいを出されて頭を抱えてそうだ。

京都編のおまけということで金造のバンドの番外編も収録できれば区切りは良かったけどやっぱページ的に次の巻に持ち越しになったようで。三味線バンドなのにデスメタル系だったのは笑った。

取り急ぎこれにて。拍手レスなどは後日書かせていただきます。
追記にて拍手レス。

++++++++++++++++++++++++++++++++

第33話「砕破」不浄王討伐完了
第34話「事の結び」不浄王討伐後の後日談
第35話「海は広いな大きいし」 大王烏賊退治で燐の行動でトリオ混乱
第36話「青い波ゆれてどこまで」海神様を接待しつつ燐と雪男で「話」をする
第37話「月は沈むし日も昇る」燐の行動と言葉で海と雪男の心に凪が訪れる

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。