スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デビルマンG】デビルマンG5巻・最終巻を購入 



取り急ぎ。ネタバレなし感想、詳しい感想や悪魔・人物一覧とかはまた後日に。ネタバレしすぎない路線で。

ついに神最終巻発売。裏表紙が嬉しすぎる!

慣習的に採られている、「元ネタの台詞やシーンを入れるときは違う文脈を持たせる」が1~4巻以上に冴えわたる、冴えわたる。見覚えのある文章が逆の意味、立場が逆となった状態で入れられたり、それぞれの状況が違っていたり。
大いに唸らされ、盛り上がらされ、(時々噴出したり…特に夜道とワシントン支部のヤツ!最終回の台詞もズルい…ミカるんXのデビルミカフォームの元ネタがデビルタカと知った時に噴出すると同時にもしや、という疑念があったんですが後書きを読むとやはりデビルタカマンもまた作者にとってのファーストデビルマンの一つっぽいのがwwwwwそこから入ってっちゃうのは…w)
矛盾点やツッコミ所もあるにはあるけど、プラスに働く部分の方が多かった。かなり駆け足だったけどね。

自分が不動アキラでなくアモンの人格ゆえにミキは本当のことを知らないと互いに距離を縮めれば縮める程悩むデーモン・アモンと、悪魔の力を身につけた魔女にしてヒーロー・ミキの二人の物語に決着、完結。
最後まで二人の関係というミクロな次元に焦点を当てつつ、ダンテやシレーヌ、東大寺、ヒムラー、ニクス、その他脇役にもドラマや決着あり。デビルマンGからCYNTHIA_THE_MISSIONやミカるんXなど他の作品も読んでみたんですが「自己の実存」が高遠先生のテーマなのかな。お前は誰だ、俺は誰だ。何者なのか、何をすべきか。アキラ、ミキ、そして悪魔の体に人の心を持つ人種としてのデビルマン。まず主人公コンビがデーモンと人間(そしてデビルマン)という設定があって、それがあって二人の関係や個人の問題という小さい次元であると同時に世界規模に話が及んでるのがいいんです。世界レベルの問題が二人の問題と密接な関係。

4巻でデーモンからの先制攻撃で始まってしまった最終戦争。
デーモン、人間、デビルマン、神。
ざっと思い出したのはデビルマン、魔王ダンテ、デビルマンレディー(漫画)、デビルマンレディー(アニメ)。
その関係構図にそれぞれ似たモチーフを取り込みつつオリジナルの結末になっている気がします。
最終回を読んで真っ先に思い出したのがwikiの不動ジュンのアニメ版の項目での解説だったり。構図や進行もかなり似てます。

これまでの恒例のエログロ描写とは全く異質で衝撃的、というよりショッキングとすら言えるシーンや真実があるんだけど絶望に落として悦に浸るのでなく意味を持たせてそこから~という風に持っていく挿入の必然性への説得力があるのもね。

本誌掲載時は19話で、17話の前後編二分割の影響で20話となった、「FIRE WARS」。これは今までに読んだ漫画でも屈指の盛り上がり回。元ネタにある台詞やシーンを入れるのに元ネタとは違う文脈を持たせる、という縛り、設定やキーワードの繋がりを生かした関連付けがすごい。特にゼノンとクルール。

ゼノンにあの台詞を言わせるのはもはや反則、一瞬息が止まって元ネタ思い出して叫びそうになったレベル。ただでさえ面白い流れに加えて元ネタを知っているからこその面白さも追加されるわけだから、漫画史上屈指になるのも必然。

クルール。
原作のあの場面で牧村美樹が何扱いされたか、
クルールの元ネタが何なのか、
クルールの悪魔形態が何に似ているか。

クルールの人間形態に小森チックルというのは意外だけど、あのシーンを見た後ではこれはもう適任、彼女しかいないとしか。

この話まででやりきった感じが強くて、最終章ではオリジナル要素が強し。しかしGでのオリジナル要素をしっかり回収して第1話に立ち返る内容でこれもいい。

んでもって第1話は、デーモンという未知の存在に対抗するすべを何も持っていない人間として恐怖し怯えながらも、大事な存在であるミキちゃんを生かしたいと願った人間不動アキラと、本気で魔術を信じてるわけでもなかったものの決意を固めて自ら魔女になった魔鬼邑ミキの身に起こった奇跡で開幕を切ったんですよね。

ミキちゃんは当初からデーモンという未知の存在を知った以上真相を突き止めたい、そして彼らから身近な人々を守りたいと思っていて魔女っ子というよりはヒーロー的な部分があった。
これは人間が持つ他人を愛し思いやる心。でもそれだけでは足りない、そこでこの二人が身につけたのが悪魔の力。
その力を何のために振るうか、という所に焦点が当てられているような気がします。

オリジナル色は強いけど何気に「彼」のポジションも、原典デビルマンで自分の創造の途中で発生した副産物であるデーモンを創造の汚点とみなして抹消しようとした、そして最終的には全て抹消した神のポジションですよね。そんでもって、原典でのサタンはその神の身勝手さに怒り、地球を汚した人間に怒って人間を滅ぼし、互いに後戻りできない状況でデビルマンと最終戦争を繰り広げたけど、多少立場や関係が変わってもその行動は神と同じだった。
「力の強い者が強いからといって弱者の生命と権利をうばってよいはずないのにな…」
原典での斬新で鋭い所だと思います。
神による創造、最終戦争というとスケールが大きいけどそれは結局、自分の一度の過ちを受け入れられず帳消しにしようとする・自分の価値観にそぐわないものを排除しようとする、後戻りできないからそのまま突き進んでしまう、とよくあることに言い換えることもできるわけで。
デビルマンGで「彼女」が示した姿勢はそれに対する回答のようにも思えて、かなり感慨深いんですよ。
漫画デビルマンが怒りや憎しみを持って争うことの末路を描いて警鐘を鳴らす漫画なら、こっちはまさに21世紀のデビルマンって感じ。


REDや著者近影、後書きのコメントもすげーいいんですよ。大いに共感し好きな作風だと思いました。その構成力もそうですけど着眼点がいいなぁ。これもまた、「悪魔の身体に人間の心」とはまた違った意味での「デビルマン」。

スポンサーサイト

【漫画】デビルマンG感想・4巻―デビルマン軍団篇―  

デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)
(2013/10/18)
永井 豪

商品詳細を見る

4巻感想です。

最新話が17話の頃、新章の分からREDのバックナンバーを買い始めたんだっけ。

表紙のゼノン、秋田書店公式サイトの表紙サンプルではくすんだ緑だったんですが実物がビビッドな緑になってましたね。
デビルマンGはとにかく、ゼノンが超カッコイイ漫画です。漫画、アニメ共にラスボスを想定した描かれ方をされつつも、連載/放映期間の都合上実質的なラスボスポジションがサタン/妖獣ゴッドにスライド。
それでも悪魔的な威厳や恐ろしさがカッコよくて、デビルマンGでの登場が楽しみなキャラでした。
満を持して登場したデビルマンGではまさかのポジション、そのポジションや設定というのが各作品でのゼノンや近似キャラとの設定を組み合わせたもので素晴らしいです。
この巻、魔王ダンテのウエイトが大きくなり、また、キャラも「闘神デビルマン」や「デビルマン戦団」など他作家によるデビルマンリメイク作品からも持ってきたりと豪華。

そして成長が著しく主人公のようなヒロインであるミキとアキラ、二人の関係というのもデビルマンGの1~4巻で変化があるように感じます。
アキラの人格でなくアモンの人格のままであることを隠しながらもミキを守ろうとしたのが1巻。
本来の接触者ミキとの連携を取りながら、二人一緒に戦う段階に進んだのが2巻。
ミキのデビルマン化というまさかの事態発生、完全なコンビネーションを披露したのが3巻。
アトロシアスの学園大襲撃では、アキラとミキが分断されるという状況下で、戦闘能力的には一人でも戦える段階に進む。

では4巻ではどうなるのか。

学園大襲撃後、多くの犠牲者が出て心を痛めたミキちゃんとそんなミキちゃんにデーモンらしからぬ思いやりの心の芽生えたアキラがいたわり、二人の絆が強まっていきます。そこにデビルマン軍団が現れ、デビルマンの仲間を得ることができます。しかし一方で、デビルマンでなくデーモンであるアモンは改めてその事実を突き付けられ、アモンの人格であることを隠したままミキと関係を近づけていくのに後ろめたいものを感じています。
ゼノンの意図やシレーヌの生存のことも相まって、アモンはこの巻ずっと悩みっぱなしです。

デビルマンとして人間を守る力、デビルマン軍団として人間を守る力を奮う仲間を手にして「ヒーロー」の道を進んでいこうとするミキちゃんの光と、後ろめたさを感じるアモンの影のようなものを感じます。

関係が深まれば深まるほどぬぐえない後ろめたさ。そのような状態の時に、ついに最終戦争の火ぶたが切っておとされてしまいます。

また、この巻で登場する重要人物、空宜リョウクルール・フォン・クラインバルト、どちらも強力なキャラですね。魔王ダンテの宇津木涼とアニメデビルマンの妖元帥レイコック+魔女っ子チックル!
共に悪魔人間の漫画の元型と、永井豪が関与する魔女っ子と、漫画デビルマンとデビルマンGの元ネタ的な部分での先輩ともいえるのではないでしょうか。
リョウとアキラ、クルールとミキの対比関係に注目。


以下続きにて本編の感想。

続きを読む

【絵】記事作成が遅れてます&シレーヌの絵 

4巻分の記事作成が遅れてます、多分1月中には完成、と思いきや、1月中には完成せず。最低でも2/20の最終巻発売までには。2月第一週現在鋭意作成中!アニメ出典キャラクター&デーモンの比較用ペイントイラスト描き下ろしは完了、画像作成中。本文はまだです。今度こそ第一週に完成する見込み。
というわけでシレーヌイラスト。(クリックで拡大可)

シレーヌ回転s月2

【1/20追記】

デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)
(2014/02/20)
永井 豪

商品詳細を見る

ちょっと早く密林さんにデビルマンG5巻の表紙が公開されてましたね、1~4巻と趣向を変えてアキラだとは!
フラムメドックミキちゃんだと思ってました。実質本作の主人公だし。
しかしこの巻での展開、そして最終回を思うといい表紙。

最終巻は2/20発売ですが、2/19に諸星大二郎の新刊「稗田の生徒たち」、2/25に「百姓貴族」の3巻と楽しみすぎんよ。

【漫画】デビルマンGに登場する悪魔&人物一覧・4巻  

デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)
(2013/10/18)
永井 豪

商品詳細を見る
登場デーモン(出た順)  

◆=漫画出典◇=アニメ出典◎=漫画・アニメ出典■=魔王ダンテ出典□=デビルマンレディー出典 ▲=その他出典

※名前(外見/元ネタでの登場) Gで名前が出ていれば〇、出ていなければ× 
×のものはこちらで「永井豪ワールド 悪魔事典」で調べ名前を記入

永井豪ワールド 悪魔事典 (エンターテイメントバイブルシリーズ)永井豪ワールド 悪魔事典 (エンターテイメントバイブルシリーズ)
(1991/02)
不明

商品詳細を見る
悪魔事典s

第13話 奇跡のビッグ・ファイト
◆アイジャム(体表に管がある醜いせむしの生物/「悪魔の像」が見せたイメージのモブ、悪魔特捜隊本部襲撃で戦死したデビルマン)×
◆ヌルダ(両腕がまだら模様のコブラとなっている蛇女/悪魔特捜隊本部襲撃で戦死したデビルマン)×

◇ラフレール(金髪に毒々しい斑模様がついた花の精のような女デーモン/アニメ11話「真紅の妖花 ラフレール)×
◆オヌート(角のある芋虫のような姿/サイコジェニーの精神攻撃で倒れた明を囲んだ一匹、ザンの制止に遭う)×
◆?(獣っぽい)
◆カブーン(鼻の部分に眼がある恐竜型/「悪魔の像」が見せたイメージのモブ、デーモン間の争いでマサックに切り裂かれる)×
◆イジュク(ドロドロとしたナメクジ/「悪魔の像」が見せたイメージのモブ、合体能力解説シーンの1コマで登場)×
◆ヴィシュバリック(筋の走った巨大な頭部がぱっくり割れた人型/デーモン総攻撃シーンで1コマで登場)×

◎ザンニン(魔獣ゼノン)(胸に目がある正体不明の獣型/アニメの魔将軍ザンニン、14話「氷の国への挑戦」
       +魔王ダンテでダンテと戦った魔獣ゼノン)〇(※今作では英語にした「ハーシュ」の名)

◆トゥルグ(乳房と臍と股間から溶解液を噴出する少女、股間に目/漫画デビルマンで明に救出された)〇

14話「TWINS REVOLUTION」
◇クルール(レイコック+チックル)(頭部に角があり装飾品をまとった女性の足の部分に一本角の竜/アニメデビルマン35話「妖元帥レイコック 凍れる学園」)〇(※今作では英語にした「レイコック」の名)
◇ココ(アルロン+チーコ)(長髪の女性でドレスを司る/アニメデビルマン34話「妖獣アルロン 恐怖のマキシ」、レイコックのドレス)×(※今作ではアルロンでなく人間態のチーコに因む名前)
◇ケネトス(猿頭に猛禽類の四足に翼の獣/アニメ29話「妖獣ケネトス 謎のネックレス」、レイコックのネックレス)×
◇ファイゼル(ボロ布のような姿/アニメ30話「妖獣ファイゼル 影に狂う」、レイコックの千切った袖)×

◆ゼノン(山羊の角に蝙蝠の翼状の腕、頭部に3つ・胸に1つと4つの顔、馬の足/漫画デビルマンの悪魔王、サタンに次ぐ存在で人類に宣戦布告した)〇

15話「Romantic Summer」
▲アーガマ(4巻では姿未公開/「獣神ライガー」の善神アーガマ)〇
△ヴィルフェ(四ツ目に肩・股間に犬の頭部、羊の角/名前は「闘神デビルマン」の「狡魔ヴィルフェ」、姿は?)〇
△バリィ(翼がある金属質のヒーロー的な姿/「デビルマン戦団」のバリー+姿はデビルマン初期案)〇
◆デスプロー(頭部と胸部に甲殻類の足が生えた甲殻類人間/漫画のデビルマンの一人、デビルマン会議で登場)〇
◆フラウバー(頭にまだら模様の羽がついたトンボ女/漫画のデビルマンの一人、悪魔特捜隊本部襲撃で戦死)〇


◇ヒムラー(肩に角が生え腰から翼の生えた猫顔コウモリ/アニメの氷村巌の正体、14話「氷の国への挑戦」)×
◇ロクフェル(首の付け根に顔のある長髪ろくろ首男/アニメの「ロクフェルの首」)×

◆アイザー(まつ毛が長い白黒ツートーンの悪魔/「悪魔の像」が見せたイメージのモブ、デーモンの世界解説シーンの1コマ登場)×
◆エリドコーク(顎にも目がある蛇舌ワニ型/「悪魔の像」が見せたイメージ、デーモン同士の争いで蛾女を食い殺す)×
◆カイム(二本の巨大な角があるサイ型悪魔/シレーヌ編で自分の命を捧げ合体)×
◆オライファング(猿の体に斑のある芋虫の顔/デーモンの総攻撃で解説される、飛鳥了を迎えにいった一体)×
◆ロガメッド(額にもう一つ口と目がある黒髪男/サバトで合体した一体、明に殺され生首で登場)×
◆オンカザー(山羊角に長い手足/「悪魔の像」が見せたイメージのモブ、デーモンの世界解説シーンの1コマ登場)×
◆ネルイス(鳥のような顔/新デビルマンのジャンヌ・ダルクの悪魔裁判でジャンヌにつかみかかった一体)×
◆蝙蝠の翼(蝙蝠の翼の竜/ヘクトスっぽい?)×
◆ベデス(両目に人の顔がついた巨大な竜/太古の地球のカラーページで天使を食い殺す)〇


16話「Shadowy Dream」
■アングイラ(黒い体毛に無数の目のある頭/魔王ダンテラストのページでダンテと共に戦おうとする悪魔の一体)×
◆ガイアー(目じりに二本の蔓が生え頭頂部に巨大な口がある男/サバトで合体したデーモンの一体)〇

17話「IDENTITY CRISIS」
◆ウェルバス(二股に裂けた腕と触手となった左目、割れ乳の女/サバトで合体したデーモン第一号)〇
◆ナーザ(割れ乳の黒髪少女/「悪魔の像」が見せたイメージのモブ、デーモンの世界解説シーンの1コマで登場)〇


++++++++++++++++++++++++++++++++

登場キャラクター(出た順)  

14話「TWINS REVOLUTION」
▲クルール・クラインバルト(オレンジのツインテールに短パンの少女/「魔女っ子チックル」の主人公・小森チックル)
▲ココ・クラインバルト(茶髪ミドルボブにヘアバン・黄緑の服の少女/「魔女っ子チックル」のラッキーペア・小森チーコ)

■空宜リョウ(太い眉の男性/「魔王ダンテ」の主人公・宇津木涼)
△神崎サヱコ(赤毛ロングの女性/「獣神ライガー」のTVレポーター・八神冴子)

15話「Romantic Summer」
△守城ケイ(二色カラーの髪にヨーヨーの男/「闘神デビルマン」の主人公神代慶)
△橘リュウ(太い眉のボクサー「デビルマン戦団」の立花竜)

▲磔真ユリ(ポニーテールの女性「バイオレンスジャック」関東スラム街編の逞馬竜の姉・逞馬ユリ)
▲刃黒レイ(くせ毛の知的な男性/「天空之狗」の飛鳥了系キャラクター羽黒麗)


16話「Shadowy Dream」
▲ユリの弟(ユリの弟/「バイオレンスジャック」関東スラム街編の逞馬竜)
?ガイアーの男(着物、公儀介錯人/?)
◆ボンズ・オブ・ヒンズー(6人の禿頭の男性/ヒンズー教徒デビルマン、テレパシーで世界中からデビルマンを集めた

++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオレンスジャック、獣神ライガー、魔女っ子チックル、更にはデビルマンリメイクの闘神デビルマンやデビルマン戦団とバラエティに富んだオールスターズっぷり。
アニメの妖将軍ムザンであるアトロシアスを倒した後の残る強敵は妖元帥レイコック、というわけで悪魔元老院三巨頭の最後の一人・冷元帥クルールが登場。レイコックとアルロンは人間態として、永井豪系の魔女っ子モノアニメ「魔女っ子チックル」からかー。作者のブログで初めて耳にしました。
3巻では先駆けて大柴壮介が出たり必殺技で主人公&ヒロインの名前を使ったりしていた「魔王ダンテ」、この巻から超重要人物として「宇津木涼」改め「空宜リョウ」として出てきました。そして彼のデーモンは―――ゼノン!!

デビルマンレディーでの魔王ダンテ≒ゼノン設定が最大の要として、悪魔王ゼノン(漫画デビルマン)=魔王ダンテとゼノンは同一の存在(デビルマンレディー)=神に寝返った裏切り者、悪魔を葬れるような特殊能力を神から賜った魔獣ゼノン(魔王ダンテ)=森羅万象あらゆるものを言霊の力で自由にできるアニメのラスボス妖獣ゴッド(アニメデビルマン)…と込み入った設定に。

引き続き4巻の記事作成です。

【漫画】デビルマンG完結前夜 

本当は今日までに4巻までの記事を作りたかったんですが間に合わなんだ。


RED気になりすぎて禿げそうです。

【追記】
読みました、「最終回サブタイはきっとあそこから持ってくるだろう」という予想は当たりました。おおう、オリジナル部分の設定もしっかり拾って生かし、なおかつ「デビルマン」で描かれてきたものもきっちり踏まえたメッセージ性のあるシメに。
最後まで盛り上がらせてくれます。
巻末の作者コメントを読んでやっぱり好きな作風だなぁと思いました。
連載お疲れ様です、完結おめでとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。