スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】寄生獣が実写&アニメ化だってよ 

コミックナタリー・「寄生獣」2部作で実写映画化決定!泉新一役は染谷将太

8年前に清水崇を監督にハリウッド映画化!という話はポシャったんでしょーかね。
当時ですら古いとみなされるあのファッションまで再現されるのか。
まあ実際の出来はその時までわからないので判断しようがないとして、もう完結から18年も経って過去の名作ポジになって読んだことのない世代も多くなってきてそうなので、再び世に広まる機会になるのかこれは。

自分が最初に読んでからもう15年経つのか…
火の鳥とかとセットになって、思想にかなりの影響を与えた漫画です。
デビルマンより寄生獣の方が先だったんですが(デビルマン:高1-2、寄生獣:小4)、やはり寄生獣はデビルマンの影響を強く受けている部分があると思います。
山中で完全体(どう呼ぼう、五頭+ミギーの一頭で六頭なのだから武藤さんと呼ぶべきか)になった後藤も顔はゼノン、二股に分かれた腕はウェルバス、尻尾や鉤爪など全体的なシルエットは魔王ダンテ…と思いっきり永井豪の影響を受けたデザインでしたしね。
内容もかなり通じる所があります。

どこからともなく地球上に発生し、生物に寄生しては「この種を食い殺せ」という「命令」(本能)に従ってその種を共食いする寄生生物、彼らは基本的に人間になりすまして人間を食う。
主人公泉新一は、寄生の失敗から右手部分が寄生生物となった元平凡な高校生。
奇妙な同居者、ミギーは冷静で好奇心旺盛な軍師タイプ。
寄生生物田村玲子(田宮玲子)は、高い知能から自分たちの存在そして人間との関係について考察する。
最強の寄生生物後藤は、戦いを求め戦闘マシーンと化したことで「野生」へと目覚めた。

新一母・信子の件を筆頭に、多くの惨劇や人間の死を目の当たりにして一部歪に精神が強くなり同時脆い面を抱えることになった新一。
それが寄生生物であるはずの田村玲子によって胸の穴を埋められた。

命の危機に何度も遭ったりと色々なことがありながらも、最終的には第1話の里美の「きみ…泉 新一くん… …だよね?」で始まり最終話の「それは新一くん… …きみが新一くんだから…」と、新一自身の変化/成長の物語として描かれたのが印象的でした。

新一でない何かになってしまったわけではないさ。
寄生生物寄りの考え方になって人間らしい心を失ったとかいうネガティブな変化ではないさ。
むしろ見ようによっては、ミギーや田村玲子、後藤、そして他の寄生生物といった人間とは違う考え方を持つ存在との接触によって人間としての立場だけでは得られない物事の見方を得た、つまり視野が広がったというポジティブな変化ともいえるさ。
それは成長ともいえるわけで。

そんな新一の変化/成長の詳細を知らないながらも、いくら変ったって新一は新一であると支えてくれる里美の姿が美しいのですよ。



あ、食人記事に以下の内容を追加しました。

【特集】漫画の中の食人描写1・「人が人を喰う」編

・手塚治虫「安達ヶ原」
・諸星大二郎「籠中児」
・沖さやか「マイナス」
・永井豪「バイオレンスジャック」
・駕籠真太郎「超伝脳パラタクシス」
・駕籠真太郎「紺野しぐれの幸福なる日々」

スポンサーサイト

【雑記】久々に更新 

私事で忙しかったのと、またblogができるような環境でなくなったことによって2ヶ月程放置してしまいました。

最近熊倉隆敏の「ネクログ」や「もっけ」にハマり、ネウロの松井優征の新連載「暗殺教室」の情報に喜び、「寄生獣」を読み返したい願望が高まり一気読みしたりしています。「暗殺教室」は謎生物の先生に生徒が団結して立ち向かうSFサスペンスものかと思いきや、先生と生徒のほのぼの学園モノでした。3年E組殺せんせー。GTK(グレートティーチャーコロセンセー)。とにかく殺せんせーが普通にいい先生。こんな先生の授業なら受けてみたい。そして殺せんせーが萌えキャラすぎる。マッハ禁止で一本一本心をこめてチューリップを植えることを命じられたり、意外と器が小さかったりするところも最高です。ネウロと比べると犯人の顔芸や時事パロディといった毒が足りないのがちょっとさみしいけれど今ジャンプで一番面白い漫画。というか今のジャンプやべえ。東京喰種も月山の突き抜けた変態っぷりに笑い、銀の匙では馬術部大会の描写に盛り上がっています。

更新頻度は以前と比べると下がりそうですが、まずは溜まっている分から取り掛かりたいと思います。

そういうわけでアクセス回数も平常時の200~300くらいで安定しているわけですが、7/21だけ平常時の10倍というアクセス数になっていて度肝を抜かれました。
なんぞ、と思っていたら「哲学ニュースnwk」というまとめblogに紹介されていたようです。よく見るまとめblogなので恐縮。管理人様が、封神演義の人肉ハンバーグの参考URLとしてちょろっと紹介してくださったようです。改めて哲学ニュースの影響力の大きさを知った次第。
2件コメントで紹介ありがとうございます。後ほど探してみます。

哲学ニュースnwk【閲覧注意】トラウマになったアニメ、漫画、写真『映画グロテスク・関よしみの愛の食卓』2012年07月20日23:55

ついでに特集の「食人描写がある漫画特集」にも、「愛の食卓」「自殺島」「ネクログ」「椿鬼」「安達が原」を追加。

【雑記】画像まとめ+拍手レス 

個人で撮影・作成してtwitpicに公開したことのある小ネタ画像まとめ

その1:鋼の錬金術師のお父様は屍姫の祟神魔縁に似ている

499666660.jpg

記憶が正しければ、お父様の若返りより屍姫での祟神魔縁登場の方が先。共にロン毛、えらそう、まっぱになる、腰布一丁でハッスル、自分は殆ど体を動かさずに主人公一味と大合戦…こんな調子だったので、ガンガンでお父様戦をやってた時、「なんか屍姫みたいなことになっとる」と漠然と思ってた気がする。屍姫の祟神魔縁戦も最近本誌で決着がついたなー


その2:鋼の錬金術師のホークアイ中尉の刺青を見たとき遊戯王のマリクの記憶の刻印を思い出した
499700750.jpg

共に「幼い頃に一族の秘密という重大な情報を父親の手で背中に残された」という共通点で。
ただしマリクの場合刺青でなく麻酔なしナイフで直彫りなもんだからイタタタ
ホークアイのは錬成陣でなく暗号らしく宗教歌Libera meの文句が書かれているとか
背中の刺青が情報の暗号という点ではコブラの「刺青の女」が一番古い記憶


その3:機巧童子ULTIMOで東大和の口から中田氏発言

AncV1qsCQAEYc4O.jpg

(機巧童子ULTIMO 8巻第31幕)
他にもヤンデレと化した男の娘が主人公を全裸でベッドに拘束し貞操を奪おうとしたりとか描写がいろいろアウト

その4:ぼくのかんがえたはがねのれんきんじゅつしぶっくえんど

154902317.jpg

真理の扉モチーフでフィギュアもついてたらどうだろうとか思って描いた


その5:原作遊戯王屈指の迷言「デブのバカ!」
488843806.jpg

ジャンプで読んだ時の衝撃といったら…
城之内やバクラもデブデブいってた
バクラの発言は単行本化の段階でボバサとシャーディーの関係の変更に合わせて修正され「あのデブシャーディーの部下とぬかしてやがったな」→「記憶の世界だと…」とデブ呼びがなくなったけど


その6:アニメ屍鬼のDVD8巻付近の作画修正比較

307640438.jpg

個人的に作成したもの
・DVD7巻予告では焦げ茶の髪・瞳だった定文がDVD8巻のTV未放映回「第腐汰悼と犯話(20.5話)」本編では何故か金髪金瞳に
・TVでは「人狼だからまだ生きているのでは?」とも言われた正志朗による佳枝射殺シーンがDVDでは頭が吹っ飛び確実に死亡したとわかる描写に
・山入での律子と徹の屍体の顔の作画の崩れを修正

2010年末頃に屍鬼にドハマりして漫画、アニメ、小説と一気に読んでしまいました
アニメは丁度クライマックスで文字通り血祭りな上クリスマスイブと大晦日にあの結末だったのがある意味すごい
律ちゃんに涙 やすよさんは女神
奈緒さんはかわいそかわいい人妻でDVDのリョナに興奮
未収録回の奈緒回は原作とも漫画とも違うアニメオリジナルだけどあれはあれでいい

あとDVD9巻では恵のトラクター処刑ではボカシが外れてた


その7:ユベル女性化…?

jpeg.jpg

劇場版遊戯王・時空を越えた絆より
「設定資料では少年体と書かれつつ作中ではどう見ても完全に女性の体にしか見えないシーンが」ときいて実際に視聴してみたら本当だった
ユベルは雌雄同体つまりボクっ子ヤンデレふたなりっこ


その8:青の祓魔師アニメ公式サイトでは勝呂達磨のキャラクター紹介をミスで男と書いてルビを「おんな」と振ってしまったことがある

299691070.jpg

画像はスクショ すぐに修正された


その9:「よんでますよ、アザゼルさん。」4巻「傲慢のルシファー」回はさくまの顔が本誌掲載時と単行本収録時とで大幅に修正されている

287115939.jpg

個人的には本誌掲載時のが好みだった
作者が几帳面なのか他のシーン・他の回でも修正が多い



以下拍手レス

続きを読む

【雑記】週刊連載感想は月末更新に変更 

これまで週刊連載作品は「銀の匙」「東京喰種」、また隔週雑誌で休載をはさみつつ連載している「よんでますよ、アザゼルさん」の感想を書いてきました。更新ペースがはやく大変になってきたこと、また元々雑誌感想よりも単行本感想やテーマ考察に比重を多く取りたいと思っているので、週1月4更新→○月分4回分の感想を月末に一括更新、という形にしたいと思います。
雑記の方で短い感想を書くかもしれません。

【雑記】銀の匙がマンガ大賞受賞+拍手レス 

まだ2巻しか出てないのですが銀の匙が書店員が選ぶ漫画やブクログ大賞に続きマンガ大賞に。

当初、百姓貴族とかぶるネタも多かったりたまに説教くさかったり展開がベタで予定調和・意外性がなかったりすることから、評価は「安定して面白いけど良作止まり」になるかなと思っていたのですが、気づけばプッシュも売り上げも反響もヒットクラス。

でもよく考えてみれば「安定して面白い」漫画、という時点で難問だし、ネームバリューだけでなんとかなるものではなかった。ネムバリュがあっても話に関与してない獣神とかはあまり話題に上ってないし。一時代を築いたヒット漫画家の次回作が打ち切られたり一発屋として去ったり、それを回避する方法が「漫画に関しては筆を置く」だったりする。

鋼の錬金術師レベルに大ヒットした後の次回作という時点でプレッシャーはスゴい筈なのに鋼じゃなく銀の匙という作品として、堅実に描いてきたというのは凄いなぁと思います。

あくまでも共に違うモチーフを取り上げた位置作品、という扱いのようですが、鋼の錬金術師では語られていない牛さんの信念が表れてるような気がして読み続けたくなる漫画です。
悩めるボーイ八軒も読者と等身大で読者
目線のキャラなのもポイント高し。

農業高校出身でない身としては、トリビアだったり鋼と百姓貴族の疑問点か解消したりして新鮮なのですが、酪農従事者にも支持を得たりと、またも「幅広い層にウケる漫画に仕上がっている」のが高評価の理由な気がします。世代が老若男女バランスよく分散している。


マギと共にサンデーの看板漫画になってドラマ化しそう。なんとなくアニメというよりはドラマ化なイメージ。キャスティングは思い付かないけれど。


追記にて拍手レス。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。