スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特集】漫画の中の食人描写3・「自分を喰う」「亜人を喰う」「人肉料理」編 

今回のテーマは「漫画の中の食人描写」です。

第3弾は、自分で自分の肉を喰ったり、人間が人間もどきを喰ったり、また人肉料理が登場したりするような漫画を取り上げます。

寄生獣赤

これで漫画の中の食人描写シリーズは終わりです。

タブーとされる食人、実際食人を取り上げる漫画はどのくらいあるのか?と思ったので、手持ちの漫画や姉の漫画など読んだことがある範囲内で総力特集。

1、漫画の中の食人描写1・「人が人を喰う」編
2、漫画の中の食人描写2・「怪人が人を喰う」編
3、漫画の中の食人描写3・「自分を喰う」「亜人を喰う」「人肉料理」編

の3本立てです。

適宜作品や画像を追加していきます。
未読のものや忘れているものなどあると思いますので、拍手コメントなどで教えていただけると助かります。

記事の性質上、また該当シーンの画像を作品ごとに掲載しているので猟奇的な内容を含みます。また、ストーリーのネタバレとなっているのでご注意ください。
また、人を喰う妖怪や怪物。ゾンビなども含めるとキリがないので、「人か殆ど人の姿をしている、高等な知能を持った生物」を基準としています。


続きにて展開。

続きを読む

スポンサーサイト

【特集】漫画の中の食人描写2・「怪人が人を喰う」編 

今回のテーマは「漫画の中の食人描写」です。

第2弾は、人間の天敵や上位種である人喰い怪人が登場する漫画を取り上げます。

マン・イーター赤

タブーとされる食人、実際食人を取り上げる漫画はどのくらいあるのか?と思ったので、手持ちの漫画や姉の漫画など読んだことがある範囲内で総力特集。

1、漫画の中の食人描写1・「人が人を喰う」編
2、漫画の中の食人描写2・「怪人が人を喰う」編
3、漫画の中の食人描写3・「自分を喰う」「亜人を喰う」「人肉料理」編

の3本立てです。

未読のものや忘れているものなどあると思いますので、拍手コメントなどで教えていただけると助かります。

記事の性質上、また該当シーンの画像を作品ごとに掲載しているので猟奇的な内容を含みます。また、ストーリーのネタバレとなっているのでご注意ください。
また、人を喰う妖怪や怪物。ゾンビなども含めるとキリがないので、「人か殆ど人の姿をしている、高等な知能を持った生物」を基準としています。


続きにて展開。

続きを読む

【特集】漫画の中の食人描写1・「人が人を喰う」編 

今回のテーマは「漫画の中の食人描写」です。

第1弾は、人が人を喰う、そのまんまカニバリズムの漫画です。

アシュラ赤

このblogでも「進撃の巨人」や「東京喰種」など、食人をテーマにしている漫画の感想を書いています。
殿堂入りでは「寄生獣」や「アシュラ」、「カンビュセスの籤」など色々あると思います。
(ちなみに筆者は小学校4年位の頃に姉が持っていた寄生獣を隠れて読んでいた経験あり。
読んだら罰金と脅されたものの、姉のいない間に部屋の中から見つけ出してこっそり)

タブーとされる食人、実際食人を取り上げる漫画はどのくらいあるのか?と思ったので、手持ちの漫画や姉の漫画など読んだことがある範囲内で総力特集。


1、漫画の中の食人描写1・「人が人を喰う」編
2、漫画の中の食人描写2・「怪人が人を喰う」編
3、漫画の中の食人描写3・「自分を喰う」「亜人を喰う」「人肉料理」編

の3本立てです。

適宜作品や画像を追加していきます。
未読のものや忘れているものなどあると思いますので、拍手コメントなどで教えていただけると助かります。

記事の性質上、また該当シーンの画像を作品ごとに掲載しているので猟奇的な内容を含みます。また、ストーリーのネタバレとなっているのでご注意ください。
また、人を喰う妖怪や怪物。ゾンビなども含めるとキリがないので、「人か殆ど人の姿をしている、高等な知能を持った生物」を基準としています。

【2012/5/1追記】以下の項目を追加、「この世の終わりへの旅」・「夢幻外伝Ⅰ」で画像を追加、ページ数の追加。
【主題度】:作品全体においてどの位重要な要素として占めているか。「アシュラ」「寄生獣」のようにズバリ人肉食を漫画のテーマとして据えている作品ほど高く5として設定。
【猟奇度】:食人シーンの絵的なインパクト(主にグロさ)。そのため人肉食がテーマでも直接描写を控えている程低く、食人が中心テーマでなくても絵的なインパクトが強ければ5として設定。
【直接描写】:解体・食事シーンのあるなし。死体から直接食べているようなもの程◎、解体シーンがグロいものも同様。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。