スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鋼錬】劇場版鋼の錬金術師‐嘆きの丘(ミロス)の聖なる星‐感想・全体編 

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【通常版】 [Blu-ray]鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【通常版】 [Blu-ray]
(2012/02/08)
朴璐美、釘宮理恵 他

商品詳細を見る


ミロスの通常版BDを購入しました。ちょっと遅かったので、届いたのは2/9でした。

お下がりのノーパソはBD対応なので見れる筈、と初めてのBDでした。

…が、BD視聴にはアップデートする必要があり、そのためにはネットにつなげなければならない。しかしネット接続ができていない。

というわけで購入したにも関わらず見れてません。先に観ておこうと2/7に近所のレンタルショップで借りて2回程視聴したので、感想はその内容に準拠しています。本編感想編アップは明日明後日あたりになる予定。

■全体感想
ジブリ。暁の王子。アイザック。血ドバドバ。どんでん返し。キャラの出し方に難がある。おおぶりで現実味は薄い。ジュリアはかわいい。前半微妙、後半のアクションは良い。どんでん返し。全てが一点に集約される謎解きは面白い。中途半端な原作ネタ。テーマは良い。

鋼FA放映終了日に表示された劇場版制作決定の告知から1年後の2011年7月4日に劇場版が公開されました。私が観に行ったのは11日。詳細が決まる前は、FA終了後のシンやエドの子供達の話になるとか、あるいはきれいに終わったからオリジナルでいいや、とかそういう話が出ていたかも。私は両方の気持ちでした。詳細では主要スタッフ更新、声優続投のオリジナル作品となりました。正直公開前の番宣や公式情報では、ジブリっぽかったり絵がふよふよ系(それは自体は別に構わないけど)なこと、また予告の時点ではメルビン戦や合成獣戦などしか出ておらず、いま一つキャラクター同士の利害関係が分からず首を傾げていましたが、それも徹底したネタバレ防止だと思えば納得でした。予告に出てるのは超序盤のみ。実際に観に行ってみたら結構面白かった。

ちょっとアクションが現実味がなかったり、キャラクターがよくわからないまま暴れているように見えたり、扱いがひどかったりするのは難点ですが、自分や他人を犠牲にして望みを叶えることができると言われたその時、実際にそれをできるかという問いに対して、ジュリアがジュリアの回答を出したというのは良かったです。
ぶっちゃけ主人公はジュリアで、エドは活躍のある傍観者のような存在です。最終回でエドが出した結論と振り返ると、ジュリアの出した結論もいいですね。


以下全体感想。話内容のネタバレ要素は薄め(核心のネタバレは込むけれど)。

続きを読む

スポンサーサイト

鋼の錬金術師クロニクル 

7/29は鋼の錬金術師CHRONICLEの発売日、ということで買ってきましたよ。
鋼の錬金術師 CHRONICLE

感想は続きにて。

続きを読む

鋼の錬金術師プロトタイプ感想 

少年ガンガン 2011年 07月号少年ガンガン 2011年 07月号
(2011/06/10)
不明

商品詳細を見る

2011/6/11は鋼の錬金術師完結から1周年だな~と思いきや、
今年のガンガン7月号発売は10日でしたよ。
というわけで鋼プロトタイプ感想。

砂漠の街クロワトールにたどりついたのは、一人の少年と一体の鎧!?
最強ファンタジーコミックのルーツがここに!

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。