スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このblogの傾向―主要記事:漫画の中の食人描写/デビルマンG元ネタ比較検証 

漫画の感想メイン、気まぐれに考察やネタ発掘をするblog。
取扱い内容は以下。

続きを読む

スポンサーサイト

【諸星】海洋堂制作の諸星大二郎ガチャ・立体異形図譜が届いた 

カプセルQキャラクターズ 諸星大二郎 立体異形図譜 海洋堂

巷で話題沸騰中の諸星大二郎ガチャがついに発売されたので、全7種類を購入。 
良い出来で、眺めてニヤニヤしています。

立体異形図譜

タケミナカタ
タケミナカタ(暗黒神話)
諏訪の洞穴にいた腕のない蛇のような異形の存在。
タケミカズチに腕を千切られ出雲から諏訪に逃げたタケミナカタの神と。
作中冒頭、灯りに照らし出される異形の姿はインパクト絶大で早速引き込んでくる。
見本より色が暗いのでおどろおどろしさ倍増。細部の表現も絶妙。

アエン

アエン(マッドメン)
オンゴロの岩に隠されていた悪霊の仮面で、作中コドワとも戦いを繰り広げた。
初登場は後ろを歩いていたのんきな現地ポーターのクマさんをマミるというもの。そのクマさんもオプションでフィギュア化。
きっと黒板を爪でひっかくような声なのでしょう。

ヒルコ

ヒルコ(妖怪ハンター 黒い探究者)
作中でも人気上位、もしかしたら今回のガチャで一番人気かもしれない、ヒルコ。
かなり金属っぽい質感で、「火の鳥」復活編のレオナから見た人間のようだ。

稗田先生

稗田礼二郎(妖怪ハンターシリーズ)
稗田先生のお顔は「妖怪ハンター 地の巻」の表紙準拠でしょうか。顔の塗装もいい。
台座がタケミナカタと似た文様に。

ハルピュイア(私家版鳥類図譜)
直接の登場というより、給水塔で見かけた鳥をめぐるジュブナイルもの。
ハルピュイアは翼のディティールが素晴らしい分顔が(小声)眼が三白眼で顔が怖いんですわ…
「アダムの肋骨」のハーピーも滅茶苦茶好きなので欲しい。

無支奇(西遊妖猿伝)
民衆の恨み怒りが高まる戦乱の頃に姿を現す邪神。
五行山の岩を彫った斉天大聖岩に準拠したのかな。

もし第二弾が出るのなら、
・ハーピー(アダムの肋骨)
・カオカオ様(遠い国から)
・オオナムチ(暗黒神話)
・あんとくさま(妖怪ハンター 海竜祭の夜)
・ムルムル(栞と紙魚子シリーズ)
・あらゆるものと融合しちゃったヒロのパパ(生物都市)
・コドワか悟空の胸像
・ナオミ(バイオの黙示録)

とかいろいろあったらいいなぁとか妄想。

【銀匙】百姓貴族3巻+銀の匙11巻を購入 

ここしばらくネット接続が微妙だったのですが今日一時的になんとか、となったので。

百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)
(2014/02/25)
荒川 弘

商品詳細を見る


2巻では最初のお子さんが出てきたけど今巻は二番目のお子さんが出てきた。
厳格かつ行動的でまさに百姓の女だったおばあさんの最期の言葉が「ありがとうね。」だったというのが印象に残る。
それにしても牛さんが幼少期に、お父様の操縦する堆肥散布機の誤操作でうんこまみれになったり、弟さんが幼少期に山ほど積み上げたロールベーラの上で遊んでいたら隙間に落ちて「弟 消失(ロスト)。」になったりと、幼少期から散々な目(時には身や命が危ない)に遭うことの多い…!
なんとかなったからこそ笑い話にできても、一歩間違えていたら、そして運が悪かったらえらいことになってそうです。
そういう感じのグロいエピソードは2巻に多かった。

やっぱり農家ってタフネスだなぁと。
「百姓、漫画家をめざす」の巻、漫画家になる経緯、デビュー作の名前は出してないけどこれSTRAY DOGの時のですね、眼帯をして大剣しょった無骨な大男・フォンドと、「軍用犬」(犬タイプの獣人)の失敗作の三つ編みガール・ジョカの、造られた存在たちの悲痛な叫びがきこえてきそうなダークファンタジー系読み切り。ガンガンの増刊で、2004年にも再度発行されていたやつ、読み切り収録とセットで当時のエピソードまんがが載ってた。

農機具ミニカーなんてものもあるのか、そういえば西川がときめかすコンバインのミニチュアの話もしてたっけ。

スズメは害鳥か、益鳥かについての言葉が含蓄あるなぁ…一概に害だけのものというのはあまりなくて、それぞれ益となる部分と害となる部分両方持っていたり、時期によって変わったりする、というかそもそも野生動物にそんな意図はなくて人間の都合でそういう存在として扱っているだけにすぎい。

3巻も目から鱗の連続でした。


銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)
(2014/03/05)
荒川 弘

商品詳細を見る


10巻が出たのは1月、11巻が出たのは3月。週刊少年漫画なら2~3か月に1冊と珍しくなくふつうなんですけど、銀の匙はぶっきり産休(+他誌のかけもち連載?)もあって3~4か月に1冊と月刊誌みたいな刊行ペースだったので、なんか早く出たように感じられて驚いた。映画に合わせてかな。

この巻のテーマはブランドノーブランド
先人がコツコツ積み上げてきた歴史、信用。それが全くない所から信用を得て歴史を始める。

バレンタインのエピソードにはニヤニヤさせられます。あまりにもニブすぎる、そしてオクテな娘・アキちゃんが女子達に煽られつつ八軒にチョコを渡すミッション!! クライマックスには爆笑した。
この巻、大川先輩と八軒数正成分が高いね、というよりあるテーマの影響で。

八軒、農業大学とかに進学したり教師になったりするもんかな、と思ってたんですけど教師の方は生徒一人ひとりに親身に接しすぎて過労しかねないから逆に向いてないと自己分析して「あー…」となってたんですよ。しかしまさかそうくるとは。
就職難の昨今において、なおかつ「自分たちの力で既存のものに縛られないでできる新しい取り組み」ができる進路となるとそれだろうな。起業。しかし八軒、さすがにいささか性急かつ無謀で、親父殿とタマコに一蹴されてるけどこの二人の方が正論だよね。というかどっちかってとタマコの方がやりそうなことである。

進路相談での桜井先生の「学校ってのはさ、八軒。おまえらのためにある畑なんだよ。(中略)人から学ぶも良し…そういう人たちのつながりを作るのに丸々3年費やしても良し。どこを耕すかは自由だ。」って言葉がいいなぁ。
やっぱり銀の匙は、農業や動物関係にたとえた言葉というのがいいんです。わかりやすい上、励みになる。

しかし親父殿の顔が怖すぎる。出る度に失禁しそうになるんですが副ぶちょーが実際に失禁しちゃったよ…w
中身は生徒や先生にも丁寧な言葉使いの人物なんですけどね、ただ厳格かつド正論詰めで相手に余裕を持たせないというのが欠点。
農業高校に入った八軒にちょっと厳しめな態度だったのは、学歴的な部分でなく流されて入った部分に対してだったのかな。

そろそろ作中で1年経つ…!

それにしても卒業が迫っても就職が決まらなかった大川先輩がいよいよ笑えない感じになってきました。ある意味ギャグっぽく描かれたリアルっちゃリアルだけども。
その上厄病神ときました、これはさすがにギャグではすまされないのでは。シャイニング顔は笑ったけど。

【雑記】「全文ネタバレ」措置に対する拙blogの記事修正 

ネットの「全文ネタバレ」に出版社が“断固たる措置”? サイト運営者が過去記事を削除する動き

こちらの「全文ネタバレ」に関して、このblogはアクセス数も少ない一個人の感想零細blogではありますが、雑誌感想では画像なしで大分詳細にネタバレを含んだ感想を書いていた青の祓魔師・進撃の巨人・よんでますよ、アザゼルさん。、雑誌発売そして単行本発売後すぐのものではないとはいえ単行本刊行数か月後に作成したものでは比較のために画像を掲載しネタバレも含んでいたデビルマンGの元ネタ比較検証がグレーで、該当してしまう可能性があると判断しました。

当blogは商業目的でなければアクセスを稼ぐ意図もなく、第自分自身の感想を書き示す、自分自身に役立つまとめを作成する、個人的に面白いと思っている作品の面白い箇所を周知してもらえるようにする、ということを意図したものですが、記述する内容がネタバレとなる点に関しては控える必要性があると感じました。

ですので、
・青の祓魔師雑誌感想
・進撃の巨人雑誌感想
・よんでますよ、アザゼルさん。雑誌感想
・デビルマンG元ネタ比較検証


を一時的に下げ、特にネタバレ要素の強い画像は削除しつつ感想は記事内容のネタバレ部分をぼかしレビュー・感想要素を強調したものに修正したものを公開させていただくことにしていきたいと思います。

【デビルマンG】デビルマンG5巻・最終巻を購入 



取り急ぎ。ネタバレなし感想、詳しい感想や悪魔・人物一覧とかはまた後日に。ネタバレしすぎない路線で。

ついに神最終巻発売。裏表紙が嬉しすぎる!

慣習的に採られている、「元ネタの台詞やシーンを入れるときは違う文脈を持たせる」が1~4巻以上に冴えわたる、冴えわたる。見覚えのある文章が逆の意味、立場が逆となった状態で入れられたり、それぞれの状況が違っていたり。
大いに唸らされ、盛り上がらされ、(時々噴出したり…特に夜道とワシントン支部のヤツ!最終回の台詞もズルい…ミカるんXのデビルミカフォームの元ネタがデビルタカと知った時に噴出すると同時にもしや、という疑念があったんですが後書きを読むとやはりデビルタカマンもまた作者にとってのファーストデビルマンの一つっぽいのがwwwwwそこから入ってっちゃうのは…w)
矛盾点やツッコミ所もあるにはあるけど、プラスに働く部分の方が多かった。かなり駆け足だったけどね。

自分が不動アキラでなくアモンの人格ゆえにミキは本当のことを知らないと互いに距離を縮めれば縮める程悩むデーモン・アモンと、悪魔の力を身につけた魔女にしてヒーロー・ミキの二人の物語に決着、完結。
最後まで二人の関係というミクロな次元に焦点を当てつつ、ダンテやシレーヌ、東大寺、ヒムラー、ニクス、その他脇役にもドラマや決着あり。デビルマンGからCYNTHIA_THE_MISSIONやミカるんXなど他の作品も読んでみたんですが「自己の実存」が高遠先生のテーマなのかな。お前は誰だ、俺は誰だ。何者なのか、何をすべきか。アキラ、ミキ、そして悪魔の体に人の心を持つ人種としてのデビルマン。まず主人公コンビがデーモンと人間(そしてデビルマン)という設定があって、それがあって二人の関係や個人の問題という小さい次元であると同時に世界規模に話が及んでるのがいいんです。世界レベルの問題が二人の問題と密接な関係。

4巻でデーモンからの先制攻撃で始まってしまった最終戦争。
デーモン、人間、デビルマン、神。
ざっと思い出したのはデビルマン、魔王ダンテ、デビルマンレディー(漫画)、デビルマンレディー(アニメ)。
その関係構図にそれぞれ似たモチーフを取り込みつつオリジナルの結末になっている気がします。
最終回を読んで真っ先に思い出したのがwikiの不動ジュンのアニメ版の項目での解説だったり。構図や進行もかなり似てます。

これまでの恒例のエログロ描写とは全く異質で衝撃的、というよりショッキングとすら言えるシーンや真実があるんだけど絶望に落として悦に浸るのでなく意味を持たせてそこから~という風に持っていく挿入の必然性への説得力があるのもね。

本誌掲載時は19話で、17話の前後編二分割の影響で20話となった、「FIRE WARS」。これは今までに読んだ漫画でも屈指の盛り上がり回。元ネタにある台詞やシーンを入れるのに元ネタとは違う文脈を持たせる、という縛り、設定やキーワードの繋がりを生かした関連付けがすごい。特にゼノンとクルール。

ゼノンにあの台詞を言わせるのはもはや反則、一瞬息が止まって元ネタ思い出して叫びそうになったレベル。ただでさえ面白い流れに加えて元ネタを知っているからこその面白さも追加されるわけだから、漫画史上屈指になるのも必然。

クルール。
原作のあの場面で牧村美樹が何扱いされたか、
クルールの元ネタが何なのか、
クルールの悪魔形態が何に似ているか。

クルールの人間形態に小森チックルというのは意外だけど、あのシーンを見た後ではこれはもう適任、彼女しかいないとしか。

この話まででやりきった感じが強くて、最終章ではオリジナル要素が強し。しかしGでのオリジナル要素をしっかり回収して第1話に立ち返る内容でこれもいい。

んでもって第1話は、デーモンという未知の存在に対抗するすべを何も持っていない人間として恐怖し怯えながらも、大事な存在であるミキちゃんを生かしたいと願った人間不動アキラと、本気で魔術を信じてるわけでもなかったものの決意を固めて自ら魔女になった魔鬼邑ミキの身に起こった奇跡で開幕を切ったんですよね。

ミキちゃんは当初からデーモンという未知の存在を知った以上真相を突き止めたい、そして彼らから身近な人々を守りたいと思っていて魔女っ子というよりはヒーロー的な部分があった。
これは人間が持つ他人を愛し思いやる心。でもそれだけでは足りない、そこでこの二人が身につけたのが悪魔の力。
その力を何のために振るうか、という所に焦点が当てられているような気がします。

オリジナル色は強いけど何気に「彼」のポジションも、原典デビルマンで自分の創造の途中で発生した副産物であるデーモンを創造の汚点とみなして抹消しようとした、そして最終的には全て抹消した神のポジションですよね。そんでもって、原典でのサタンはその神の身勝手さに怒り、地球を汚した人間に怒って人間を滅ぼし、互いに後戻りできない状況でデビルマンと最終戦争を繰り広げたけど、多少立場や関係が変わってもその行動は神と同じだった。
「力の強い者が強いからといって弱者の生命と権利をうばってよいはずないのにな…」
原典での斬新で鋭い所だと思います。
神による創造、最終戦争というとスケールが大きいけどそれは結局、自分の一度の過ちを受け入れられず帳消しにしようとする・自分の価値観にそぐわないものを排除しようとする、後戻りできないからそのまま突き進んでしまう、とよくあることに言い換えることもできるわけで。
デビルマンGで「彼女」が示した姿勢はそれに対する回答のようにも思えて、かなり感慨深いんですよ。
漫画デビルマンが怒りや憎しみを持って争うことの末路を描いて警鐘を鳴らす漫画なら、こっちはまさに21世紀のデビルマンって感じ。


REDや著者近影、後書きのコメントもすげーいいんですよ。大いに共感し好きな作風だと思いました。その構成力もそうですけど着眼点がいいなぁ。これもまた、「悪魔の身体に人間の心」とはまた違った意味での「デビルマン」。

【漫画】稗田の生徒たち(1)夢見村にて+妖怪ハンター復刻版つきウルジャン+を購入 



妖怪ハンターの新作出た!悪魚の海、三年の年を経て単行本収録。美加と境界の神はまた今度かな。

天木薫&美加の「夢見村にて」、大島&渚の「悪魚の海」の二本立て。

夢見村、夢の売り買いや時に夢を盗んだり殺してまで奪う風習のある村を舞台に謎解き、というのが、斧を持った夢盗り男という異形の存在に追われながらというのが、スリリングでいいです。

シズエ奥さんエロいですね、しかし薫の見た夢のおっぱいがついた稗田先生が衝撃すぎてな…w COMIC ZINの店舗特典ペーパーも貰ってきました。

悪魚の海、男に乳が付いたような海女さんが。悪魚が一見人間に害をなす邪悪な存在なように見えて実は人間がホンアマを虐げていて異界の存在である悪魚は人間が勝手に都合が悪い存在とみなしていただけ、というのがいいです。

妖怪ハンター復刻版、元々持ってる文庫版の地の巻は加筆で迫力増し、天水と揃えればかぶりなしで妖怪ハンターのかなりの話が読めるんですね。でもやっぱ1978年のもほしいなぁと思ってたところに丸々一冊復刻してウルジャンの付録化。かの「生命の木」、「生物都市」というド名作が収録されている単行本を復刻とか、ウルジャンのはからいがいい。

生命の木、諸星大二郎の漫画に本格的にハマることになったきっかけ。東北地方の隠れキリシタンの改変された奇妙なキリスト教を下敷きに、知恵の木の実を食べた「あだん」の末裔とは異なる、「生命の木」の実を食べた「じゅすへる」の末裔と彼らのキリストの奇蹟を描くという壮大な短編。よく読めば冒頭の「世界開始の科の御伝え」がほぼ全てを表してるんですけど文字だけなので実感がわかず、実際に起こり稗田先生らが目にする謎解きと奇蹟の顕現というドラマという形で強烈に刻み付けてくる、これには魂奪われる。新世紀エヴァンゲリオンにも影響を与えたと見て間違いなし。

文庫版と比べるとヒルコの入り口封印、いんへるののシーンが大ゴマに修正される前だったり、「黒い探究者」ラストで「人は 妖怪ハンター と よぶ…」が残ってたりとちょいちょい違いますね。「妖怪ハンター」というタイトルは担当編集者による所が大きくて本意でなかったものな。

本当に充実してます。


【諸星】追記、失楽園のララとリーチャに色塗り 

ララとリーチャ色s

色塗り完成。
諸星先生の漫画はモノクロ原稿の黒の闇の深さ、白の煌めきがたまらないのですが、カラーの不思議なグラデーションを作る空と荒涼とした風景、奇妙なオブジェも魅力的だと思います。

【諸星】失楽園のララとリーチャの絵+荒川弘先生、第三子出産 

失楽園のララとリーチャ

去年11月にブクロの諸星大二郎原画展で「失楽園」の生原稿を見て以来、それまで以上にララとリーチャが(というより特にララが)頭から離れなくなってしまい、もうずっと描きたい欲があったので描いてしまいました。前から単行本を持ってて美しい娘だと思ってたんですけどやっぱり生原稿のララの色っぽさ、凄まじかった…

昔から既にその傾向があったんですがこういう系統の女の子が大好きなんですよ。近々色も塗ってみよう。
諸星大二郎原画展、3月に福岡でも開催されるとのことですがあの原画展の充実度は非常に高いので是非多くの人に足を運んでいただきたいと思う。

++++++++++++++++++++++++++++++

シネマトゥデイ:「ハガレン」漫画家・荒川弘、第3子を出産していた!7か月ぶり近況報告で明かす

まじすか!2010年のユリイカの藤田和日郎特集で藤田先生との対談で牛先生が、第1子を出産していたことを明かしたり、2011年には第2子を出産していたことの報告、そして今回は第3子か。

ぶっ切り産休としても割と休載が多かったからお子さんが育ちざかりの時期だったり連載複数かけもちとかだったりだからかなぁと思ってたんですがなるほど。特に最近は休載が多めだったような。
鉄人!めでたい話です。

とりあえず百姓貴族が3巻が2/25発売ってんですげー楽しみにしてます。

百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)
(2014/02/25)
荒川 弘

商品詳細を見る

【漫画】デビルマンG感想・4巻―デビルマン軍団篇―  

デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)
(2013/10/18)
永井 豪

商品詳細を見る

4巻感想です。

最新話が17話の頃、新章の分からREDのバックナンバーを買い始めたんだっけ。

表紙のゼノン、秋田書店公式サイトの表紙サンプルではくすんだ緑だったんですが実物がビビッドな緑になってましたね。
デビルマンGはとにかく、ゼノンが超カッコイイ漫画です。漫画、アニメ共にラスボスを想定した描かれ方をされつつも、連載/放映期間の都合上実質的なラスボスポジションがサタン/妖獣ゴッドにスライド。
それでも悪魔的な威厳や恐ろしさがカッコよくて、デビルマンGでの登場が楽しみなキャラでした。
満を持して登場したデビルマンGではまさかのポジション、そのポジションや設定というのが各作品でのゼノンや近似キャラとの設定を組み合わせたもので素晴らしいです。
この巻、魔王ダンテのウエイトが大きくなり、また、キャラも「闘神デビルマン」や「デビルマン戦団」など他作家によるデビルマンリメイク作品からも持ってきたりと豪華。

そして成長が著しく主人公のようなヒロインであるミキとアキラ、二人の関係というのもデビルマンGの1~4巻で変化があるように感じます。
アキラの人格でなくアモンの人格のままであることを隠しながらもミキを守ろうとしたのが1巻。
本来の接触者ミキとの連携を取りながら、二人一緒に戦う段階に進んだのが2巻。
ミキのデビルマン化というまさかの事態発生、完全なコンビネーションを披露したのが3巻。
アトロシアスの学園大襲撃では、アキラとミキが分断されるという状況下で、戦闘能力的には一人でも戦える段階に進む。

では4巻ではどうなるのか。

学園大襲撃後、多くの犠牲者が出て心を痛めたミキちゃんとそんなミキちゃんにデーモンらしからぬ思いやりの心の芽生えたアキラがいたわり、二人の絆が強まっていきます。そこにデビルマン軍団が現れ、デビルマンの仲間を得ることができます。しかし一方で、デビルマンでなくデーモンであるアモンは改めてその事実を突き付けられ、アモンの人格であることを隠したままミキと関係を近づけていくのに後ろめたいものを感じています。
ゼノンの意図やシレーヌの生存のことも相まって、アモンはこの巻ずっと悩みっぱなしです。

デビルマンとして人間を守る力、デビルマン軍団として人間を守る力を奮う仲間を手にして「ヒーロー」の道を進んでいこうとするミキちゃんの光と、後ろめたさを感じるアモンの影のようなものを感じます。

関係が深まれば深まるほどぬぐえない後ろめたさ。そのような状態の時に、ついに最終戦争の火ぶたが切っておとされてしまいます。

また、この巻で登場する重要人物、空宜リョウクルール・フォン・クラインバルト、どちらも強力なキャラですね。魔王ダンテの宇津木涼とアニメデビルマンの妖元帥レイコック+魔女っ子チックル!
共に悪魔人間の漫画の元型と、永井豪が関与する魔女っ子と、漫画デビルマンとデビルマンGの元ネタ的な部分での先輩ともいえるのではないでしょうか。
リョウとアキラ、クルールとミキの対比関係に注目。


以下続きにて本編の感想。

続きを読む

【絵】記事作成が遅れてます&シレーヌの絵 

4巻分の記事作成が遅れてます、多分1月中には完成、と思いきや、1月中には完成せず。最低でも2/20の最終巻発売までには。2月第一週現在鋭意作成中!アニメ出典キャラクター&デーモンの比較用ペイントイラスト描き下ろしは完了、画像作成中。本文はまだです。今度こそ第一週に完成する見込み。
というわけでシレーヌイラスト。(クリックで拡大可)

シレーヌ回転s月2

【1/20追記】

デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)
(2014/02/20)
永井 豪

商品詳細を見る

ちょっと早く密林さんにデビルマンG5巻の表紙が公開されてましたね、1~4巻と趣向を変えてアキラだとは!
フラムメドックミキちゃんだと思ってました。実質本作の主人公だし。
しかしこの巻での展開、そして最終回を思うといい表紙。

最終巻は2/20発売ですが、2/19に諸星大二郎の新刊「稗田の生徒たち」、2/25に「百姓貴族」の3巻と楽しみすぎんよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。